バックナンバー

BREADEN TIMES vol.082

2018/08/13 (Mon) 13:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol082/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2018.08.13 Vol.082 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

───────────────────────────────────────
■ Kentaro's LA13(ラボ)
───────────────────────────────────────
皆さんこんにちは。
さて今回はミニボート×メタルマルという釣りのご紹介!
最近ではサップフィッシングだったり、カヤックフィッシングだったりも検索すると色々
出てきますよね。私はカヤックとボートエースを持っているのですが、正直なところカヤ
ックの出番は少ないです。
【カヤックの利点・欠点】
・ショアから狙えない場所に手軽にエントリー可能
・ちょっとした場所に渡るのにはミニボートよりカヤックが便利
・風が吹くと流されまくる
・半日漕ぐと結構しんどい
・体勢的に腰に負担がすごい(基本動けない)
・荷物があまり載せられない(クーラーに魚を入れるのも結構大変)
というわけで、いざ釣りをするとなると実は結構シンドイです。一生懸命漕いでポイント
についてリグを落として回収するとポイントから外れているので、また漕いで・・・の繰
り返しです。
ゆえにカヤックフィッシングはカヤックを楽しみながらついでに釣りを楽しむというスタ
ンスにはとてもオススメなのですが、釣り主体で考えると結構ハードモードです(笑)
というわけで私の場合は船の免許がいらない2馬力エンジンをボートエースに積み込み、
色々な場所でボートを出して楽しんでいます。カヤックより準備はちょっと大変ですが、
釣りをするにはとても快適です。
で、そんなミニボートフィッシングにぴったりなのがメタルマルで。ぶっちゃけボウズは
あり得ない組み合わせです(笑)
そんなメタルマルですが、新サイズの40gが出ます!
(カラーラインナップの写真を挿入)

既存のメタルマルとの一番の違いはスイベル埋め込み式になっているところです。さびに
くく、フロントフックとリアフックとの間隔を確保できるのでフック変更にも対応しやす
くなっています。
ショアからはもちろん、オフショアでも使いやすいサイズで、40gの場合は大体40m前後
までは狙えます(潮が飛んでなければ)
というわけで皆さまより一足早くメタルマル40(プロト)を使った釣果をご案内^^

釣り方的には既存のメタルマル同様でOKです。ただ巻きだったり、リフト&フォールだ
ったり、連続ジャークだったりでガンガン食ってきます^^

実釣動画
アコウ
https://www.youtube.com/watch?v=raXexuL9ALc
イサキ
https://www.youtube.com/watch?v=0YAhXL0SRRg
太刀魚
https://www.youtube.com/watch?v=QvzjG4d30B8
サワラ
https://www.youtube.com/watch?v=glXdxgLKut8
ブリ
https://www.youtube.com/watch?v=OK3bIGnip9o

この秋~冬に発売予定ですので、もうしばらくお待ちくださいませ^^


健太郎
BLOG【Mebaring@】
http://blog.livedoor.jp/kasago2/



────────────────────────────────────────
■ KAKKYの釣りMADMAN
────────────────────────────────────────
BREADEN TIMESをご覧の皆様、和歌山のkakkyです!
ここ数週間、猛暑が続く日々ですが、僕はデイゲームメインに走り回っています(笑)
おかげで日焼けで真っ黒です!!
毎年この時期になるとデイゲームで色々な魚種が相手をしてくれ、暑さも忘れて楽しませ
てくれます。しかし今年はカマスやメジカカツオ、モジャコなど、あまり姿をみかけませ
ん…逆に和歌山全域で好調なのが、和歌山でいうシオ(カンパチ幼魚)です!
サイズも湾内でも35センチクラスが釣れたり、外海では50センチクラスまで釣れています
!!

小型回遊魚の中でもシオの引きはトップクラス。
デイゲームでの良いターゲットです。
あとペンペンシイラも多く、50センチ~100センチクラスが群れでベイトを追いかけ回し
ている光景をよく目にします。
ちなみに青物系は流れに逆らって回遊してくるのに対してシイラは流れに乗って回遊して
いると言われています.

僕の小型回遊魚を狙うスタイルはライトゲームの範囲で、回遊魚を狙いたいので、タック
ルは比較的、ライトなセッティングです。
ロッドはTX77despoilにラインはPE0.4号~0.6号
ルアーはメタルマル13g 19gです。
黒潮があたる南紀エリアだと、想定外の魚が掛かる事もありますが、その時はその時です
(笑)
よくメタルマルの使い方はと聞かれるのですが、ほとんど、タダ巻きでリトリーブスピー
ドの強弱が回遊魚に反応がいい気がします。
メタルマルの特徴としては、ブレードがついていて、他のメタルジグにはないアピールが
あるという事。
リトリーブを止めファールさせるとヒラヒラと弱った魚を演出してくれます!!
あとはブレードがあることで、水がみが良く潮の流れを感知する能力も高いルアーです。

その変化に気づく事が魚をゲットする近道かもしれません。
僕はいつも、このメタルマルに助けられていますね。
ロッドも南紀エリアの特大のメバルを獲る為に、作られた仕様で、メタルマル19gをフル
スイング出来ちゃいます。
レングスも7フィート7インチで、メタルマルを繊細に操れるレングスと操作性、despoil
×メタルマルは僕の中のデイゲームにはなくてはならないセッティングになっています。

まだまだ暑い日が続きそうですが、昼間の潮がよく動く夏の潮で、メタルマルを使ったデ
イゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。


KAKKY(岡澤孝幸)
BLOG【★MADMAN-03号機プロトタイプ☆】
http://ameblo.jp/madman03/



────────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column by カミヤマ
────────────────────────────────────────
バイスライダー大活躍

こんにちは。神山兄弟の兄、慎太朗です。
夏の沖縄ではリーフゲームが絶好調!小物から大物まで多種多様な魚が釣れるのでまさに
お魚天国状態。
そこへバイスライダーを投入したら面白いように魚が釣れます。
リーフだと基本は足元でOK。ルアーアクションは持ち上げてフリーで落とすだけ。簡単な
操作でバイスライダーが自走してくれるので、色んな魚がじゃれてきます。
リーフのように大小様々な魚がいる場所では、バイスライダーの方がワームより手返しが
よくて釣果が上がる気がします。
そんなバイスライダーで遊んだ動画をご紹介しますのでご覧ください。

リーフ以外でも、港から延びる水路に打ち込めば40ぐらいのナガジューミーバイが釣れま
した。
この時はアクションは何も無し。最初のフリーフォールで着底を待ってる時にすでに食っ
ていました。
こちらの動画もありますのでご覧ください。

良く釣れるし扱いやすいので重宝しているのですが、欲を言えば15gや20g、30gのバイス
ライダーも欲しいですね。本当に釣れるからこそ重いラインナップがあれば最強だと思い
ます。
バイスライダーが重くなれば、今まで打てなかった流れのある場所や深い場所、さらには
重くなった分、太いラインが使えるようになるので大物が獲れるようになります。
シンプルだけど奥が深い、バイスライダーの進化を楽しみにしています。

動画
https://youtu.be/hqvgt9Jz2bs
https://youtu.be/a0K5lbziCTU


カミヤマ
BLOG【カミヤマ ライトゲーム 【沖縄ルアー釣り プラグ&ワーム】五目釣り】
http://blog.livedoor.jp/kamiyama_okinawa/



────────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column by イカ君
────────────────────────────────────────
根掛かり回避の極意

こんにちは!フィールドモニターのイカ君こと松本大志です。毎日とてつもない暑さが続
いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。今年の暑さは、また一段と厳しいです
ね。こんな暑さの中、私はというと先日毎年恒例のカヤックフィッシングへ行ってきまし
た。天草の雄大な自然に囲まれて、青い海に触れながら浮かんで釣りをするのは気持ちが
良いです。過酷な灼熱炎天下も楽しい暑さとなってしまいます。
 カヤックというと、ハードルが高いように感じるかもしれませんが、やってみると意外
とそれほど難しくないです。私も年に1~2回しか乗らない初心者ですが、初めてのチャレ
ンジですぐに慣れて十分に楽しめています。天草ではレンタルできるところもあり、気軽
にできるのでオススメです。
天草といえば、最近世界遺産に登録された観光スポットがあります。近代産業の発展を支
えた石積みの埠頭と明治の建造物が残る三角西港や隠れキリシタンの教会がある崎津集落
です。旅行を兼ねた天草フィッシングツアーなんていうのもいいですよ!是非皆さんも天
草へ来てください。私もこの夏、福岡から仕事仲間を天草に迎えてカヤックフィッシング
に行く予定です。
 さて、話がそれたので元に戻すと、先日のカヤック釣行では、同行者2名がワームで20c
m代のレギュラーサイズのアカハタを釣る中、私はメタルマルのオールパープルで2本の35
cm級のアカハタをキャッチできました。この他にも、キジハタやカサゴも釣れましたが、
終わってみると全てメタルマルでの釣果となりました。ロックフィッシュというと、私の
周りではクロー系やグラブ等のワームでボトムを狙う釣りをする方が多いですが、私は断
然メタルマルやビースウェイ等のメタル系の釣りが多いです。
 理由は、夏の暑い時期は、活性の高い魚をテンポよく巻きやリアクションで狙った方が
効率良いと考えているからです(その釣り方で結果が出ない時に、ワームで瀬の周りをじ
っくり釣るという釣り方をします)。また、メタル系での攻めた釣りは、今回のように良
型も出やすいように思います。

 しかし、メタル系の釣りには大きなデメリットもあります。皆さんすぐに分かると思い
ますが、根掛かりが多いことです。特にハタは、根の荒いボトムを狙うことも多いです。
同行者にも「ジグだと根掛かりしない?」と言われます。確かに、オフセットフックをセ
ットしたワームに比べるとフックむき出しのジグは注意しないと根掛かりが多いです。・
・・そう、「注意しないと」です。注意して使えば意外と根掛かりを少なくすることがで
きるものです。私自身、幾度となく根掛かりと戦ってきましたが、次に挙げるような対応
を取れるようになり、随分減らせるようになりましたので紹介したいと思います。
(1)着底を察知して、放置しないようにする
根掛の原因は、ルアーの着底後にラインが潮や風に流され、それにつられてルアーがボト
ムを引きずられるからです。ですので、着底をしっかり察知して放置しないことが大事で
す。
(2)ラインスラッグを余計に出さない
前述の通り、ラインが流されたり風に吹かれると根掛りに影響するので、キャスト時はラ
インが出過ぎないようにフェザリングしたり、ルアー着水時は余計なラインをすぐに巻き
取ったり、またはロッド操作でラインスラッグを取ります。
(3)着底までのカウントを取る
着底を察知するという意味で、着底までのカウントを取ります。カウントすれば、そろそ
ろ着底するというのが分かり、すぐにアクションに移れます。
また、着底して回収する間のアクション同様です。例えば「3回ジャークしてテンション
フォールすると再着底まで◯カウント」というのも計ります。(ジャークの幅や強さによ
って着底までのカウントは変わるので、自分の感覚を身につけるしかないです。)
(4)着底後、最初のアクションは高く跳ね上げる
着底した時点で根掛りのリスクがあるので、最初に大きめのアクションでボトムから離し
てあげます。
(5)着底させる前にアクションする
そもそも、着底が根掛かりの始まりなので、着底する直前にアクションを開始すれば、よ
り根掛かりを減らせます。着底までのカウントが分かっていればできますよね。高活性の
ハタ狙いなら、多少ボトムから離れていてもアタックしてくれます。
(6)フックを変える
フックをダブルフックやシングルフックへ変える事で、根掛かりのリスクを減らします。
シングルフックと言えば、ブリーデンからも発売されましたね。メタルマルやビースウェ
イにジャストフィットなので、オススメです。
以上が根掛かり回避の為の対応です。沢山書きましたが、それ程難しい事では無いと思い
ます。根掛かりポイントをメタルマルやビースウェイで狙う攻めた釣り、他の人と差をつ
けられるくらい釣れるので、試してみて下さい!!


イカ君(松本大志)
BLOG【ゲーリーマツモトのキャッチ&リリース通知書】
http://eging0423.blog.fc2.com/



────────────────────────────────────────
■ 新製品紹介
────────────────────────────────────────
★ EGIMARU 新色
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ケンサキ爆釣の新カラー登場
EGIMARU 2.5号 shallow
●価格:¥1,100-

カラー
28 ST黄白グロー
29 ST赤黄グロー
30 オールイエロー(グロ―ベース)

※9月初旬発売予定


────────────────────────────────────────
■ お知らせ
────────────────────────────────────────
★ ホームページ、SNSの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。

先日ホームページをリニューアルし、スマートフォンからの閲覧にも対応したページとな
りましたので、ご覧くださいませ。

ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」が登場することも。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : https://twitter.com/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13


★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。
(ロッドやルアーなどのフィッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/


--------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
--------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。


※本メルマガ「BREADEN TIMES」は写真等を沢山含んだメールマガジンとなっております。
写真および画像はHTML版でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2018 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━