バックナンバー

BREADEN TIMES vol.071

2017/09/13 (Wed) 16:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol071/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2017.09.13 Vol.071 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

───────────────────────────────────────
■ Kentaro's LA13(ラボ)
───────────────────────────────────────
【中心視野と周辺視野】
 以前の記事で何度か「自然界では動きが遅いことに意味がある」という内容をお伝えし
ていますが今回はこの説明を色々な観点から少し詳しくご案内しておきます。まず人間の
視野には2つあるのをご存知でしょうか。中心視野と周辺視野です。

 私たちは見ようと思った場所に焦点を合わせ、立体感や距離感を計りますよね。この両
目でピントが合っているエリアが中心視野です。私たちが日ごろ無意識的に使っている目
の使い方です。周辺視野とはピントが合っていない外のエリアのことです。この視野の特
徴は細かくは見えない・距離感はつかみにくいという欠点はあるものの、動くものにとて
も敏感で意識できる範囲がとにかく広いってことです。意識していなくても目の端で誰か
が手を振っていると気づきますよね。まさしく周辺視野の特徴です。

 草食動物等、狙われる立場の生き物の多くは危険察知能力を上げるために目が顔の左右
に配置されていますよね。魚やイカの配置も同じですよね。周辺視野に特化させているか
らです。ちなみに日ごろ中心視野で見ている、今周辺視野を使ってるなんて考える人は少
ないですが球技系のスポーツや格闘技をする人はこの周辺視野を意識的に使います。広い
視野で全体の動きを捉えることで相手の動きに対応しやすくなります。

で、ルアーフィッシングで強く関わってくるのはもちろん周辺視野です。周辺視野の特徴
は細かくは見えない、動くものには敏感だけど、動かなければ気づきにくい・気づかれに
くいってことです。ルアーフィッシングがエサ釣りより優れている部分は動きに敏感な魚
に色々な動きでアピールしやすい点です。

というわけで以前「白いアオリ」のことを書いた記事と繋がってきます。白いイカはベイ
トに悟られないようにスローにスローに動くというお話し。周辺視野は動きに敏感ゆえに
、その視野で捕らえにくいようにスローに動いているってことです。体感的に分かりやす
い例を挙げるなら、テレビのクイズ番組で1枚の絵が時間経過とともに少しづつ変化して
いく「モーフィング」ってありますよね。あれと同じです。早送りだとどこが変化してい
るかは一目瞭然ですが、ゆっくり変化すると分からないですよね。生き物は根本的に変化
(動き)がゆっくりだと、とても気づきにくいんです。捕食者はそれを利用しているって
ことです。

【ラインの太さ】
 視覚的な話でもう一つ書いておきたいのがラインの太さについてです。ラインは細いほ
ど魚を釣りやすいってよく聞きますよね。これって本当でしょうか?その前にまず根本的
な疑問。ラインは魚に見えている?です。
はい、もちろん見えています。例えば太刀魚はPEラインやリーダーの結束部分をよく噛
みます。これは別に釣り糸を切ってやろうと思って噛んでいるわけではありません。ノッ
ト部分やラインの境目があることで動きが見えてバイトしてきています。PEラインが数
メートルごとに色分けされたものが切られやすい原因はコレです。単色ラインだと境目が
ないのでラインが動いているように見えないので切られにくいんです。上で書いた周辺視
野でラインの動きを捉えているってことです。つまり、ラインは魚に見えています。ちな
みに針も見えています。魚種によってはカラ針(針のみ)で魚を釣ることもありますよね


じゃあ、なぜラインやフックが見えているのに魚は食ってくるのでしょうか。これは単純
に罠だと理解できないのが理由の1つです。もう1つは生き物は何かに集中すると回りは見
えなくなるからです。この二つの相乗効果です。いわゆる活性が上がった状態です。
「バス 手づかみ」等でWEB検索すると出てくると思いますが、手にエサ(小魚)を持っ
て水面直下で小魚を揺らし、それを食いにきたバスの口を手づかみで捕らえる動画が複数
あります。ラインの太さどころの話ではありませんよね。
もう一つ別の例だと、昔TVで見たのですが熱帯雨林で蝶々を捕らえることを生業とした現
地の少年はカラフルなハンカチを手に持って振りながら走っていました。そして交尾相手
と間違って近寄ってきた蝶々を網で楽々捕らえていました。その少年は蝶々の種類によっ
て柄を変えておびき寄せていました。生き物って、そういうことなのだと思います。人だ
ってそうですよね。携帯電話を見ていて事故を起こして問題になっていますよね。何かに
集中すると回りは見えにくくなります。

さて、ルアーの話に戻ります。ルアーフィッシングはルアーを動かしていることが大半で
す。捕食スイッチを入れられたなら(ルアーに集中させられたなら)ラインの太さは関係
ないことが多いことは覚えておいてくださいませ。ちなみに最近流行のケンサキゲームで
「中オモリ式」をすると、アタリがあるのに乗せられないことがあります。

これはオモリにケンサキがバイトしています。サイトで確認して「なるほど!」と思った
のですが、オモリの横にエギがあろうが、オモリの方に捕食スイッチが入ると、笑えるほ
どオモリばかり追いかけます。なんせ鉛の方がエギよりよく動きますからね。(こういう
動きに反応しやすい時は単体のエギで動きを付けて攻略)

ちなみに、この中オモリ式にはエギマルの2.5shallowがとってもオススメ!激スローフォ
ールなので、潮馴染み抜群で食わせの達人になれます。渋い時にはリーダーを長くしてよ
りナチュラルに攻めると、まあ強いです。お試しあれ。

では続いての疑問。なぜルアーを嫌がったりスレたりするの?です。1つにフックやライ
ン、ルアーの違和感を察知できる状態ってことです。活性が低いってことです。魚の活性
の具合で食う食わないが変わるのはご存知の通りです。高活性になればカラ針だろうがエ
サっぽい動きのものはなんでも食うけど、ちょっと落ち着いてくると全くと言っていいほ
ど食わなくなります。

 魚はラインやフックが見えても人の罠だとまでは認識できていません。けど、いつもの
ベイトとはなにか違うことは分かっていると思います。その何となくの違和感が捕食にブ
レーキをかけているのだろうと思います。それはルアーの動きだけでなく、仲間が急に減
ったり、バレた魚が一目散に逃げる動きを見たりして、何かしらの違和感を察知している
のだと思います。

 違和感と言えば「釣られた仲間を魚はどう見ている?」という記事を「SALTWATER 2016
年10月号No.09」に書いているので、参考にしてみて下さいませ。

というわけで、結局ラインは細い方が有利なの?という疑問については、やはり細い方が
有利な場面が多いです。ラインが細いと飛距離も伸びやすいですし、潮の引っ張られ方も
変わってきます。細い方がよりナチュラルに流しやすいです。動きの違和感を減らせます
。ゆえにラインの「細くて強い」は釣りにおいてアドバンテージは大きいです。けど私の
感覚だと視覚的な部分はどちらかというと影響は少ないと感じています。少々太くても問
題ないことが大半です。ですので「より魚に見えないように」という思考でラインを細く
はしないで頂きたいのです。狙うターゲットに必要な強度はしっかり確保して頂いて大丈
夫です。私の尺メバル狙いではリーダーは8~10LBですが問題ありません。安易に細く
して切られても魚をデッドさせる確率を増やすだけです。私の決め事の1つは「獲れない
なら狙うべきじゃない」です。ターゲットに合ったライン選択をして釣りを楽しんでくだ
さいませ!


健太郎
BLOG【Mebaring@】
http://blog.livedoor.jp/kasago2/


───────────────────────────────────────
■ レオンコラム
    レオン的ライトゲーム考 その65「数年ぶりに」
───────────────────────────────────────
 今回は久しぶりに妹尾テスター(ライド)と釣りに行ってきました。
 妹尾君はブリーデンフィールドスタッフになる以前から友人であり、昔は週末ごとに良
く一緒に釣りに行っていたのですが、この5年ほどは互いの仕事の都合が合わず肩並べて
釣りをすることがめっきり無くなっていたのですが、先日彼が4日ほど夏休みを取ったと
いうので早速捕まえて一緒に行くことに(笑)
 釣り物は時期と互いの要望が一致して磯キジハタゲームに決定。
 行き先は、やはり釣り繋がりなのですが、島根県で温泉宿を経営する共通の友人Y君に
案内して貰って大田市の沖磯へ渡ることに。そしてこの大田市近郊ですが実はこの地には
渡船業者が無く、当日はY君の親戚の漁師さんに沖磯へ渡して貰うことに。
 朝一まだ薄暗い中出船し、風と潮向きで船長が選んだ(実績では無く、漁船が着けられ
るかどうかの判断です)磯は、ジモティーのY君自身も初めての場所で状況は全く分かり
ません。つまりほとんど釣り人が上がっていないポイントなのです。

 いいねえ~、こういうの。
 釣れようが釣れまいが「未実績」とか「未踏」ってのは大好きです(笑)
 さて、穏やかな凪の中瀬に渡った僕らは早速釣りを開始します。
 折角の数年ぶりの妹尾君との釣りなので、撮影機材一式を持ち込んだ僕は(定点カメラ
ですが)動画を撮る準備から開始。ざっと磯を見渡し、釣れそうな方向をとりあえず決め
て定点カメラをセット。フレーム内に二人で収まって釣り開始。妹尾君は89モンコリ(懐
かしい竿です)にメタルマル19をセットし、僕のロッドにはメタルマル40gプロトをセッ
トしています。ところが妹尾君、一投しただけでフレームアウトして左手の磯先端へ移動
。釣ることしか考えていません。頼むからフレーム内からキャストしてくれよ(笑)まあ
でも、コレが功を奏して妹尾君わずか二投目にして小型ながらも本命のキジハタをキャッ
チ。さすがベテランアングラーは仕事が早い^^
 とまあこんな具合で上々の滑り出し。僕は僕でプロトの40gを駆使してこの後3匹をキャ
ッチ。Y君は持ってきたタックルが磯に合わず、二度も根に潜られてラインブレイクした
ので僕の予備竿をお貸しすると、結局磯上がりの11時頃に当日最大の40オーバーをキャッ
チ。狭い磯ながら中々のポテンシャルでしたね^^

 動画の方も定点撮影ながらなんとか撮れましたのでご覧頂きたいのですが、今回の見所
は釣れるレーンと距離。僕が釣った内の二匹は妹尾君が三匹引きずり出したレーンでの釣
果なのですが、妹尾君がメタルマル19やビーローチで釣っていたゾーンはおおよそ20~
40mの間なのです。ほとんどフルキャストしていませんでした。そこで僕はメタルマル40g
プロトの戦闘力を試すべく毎回ほぼフルキャストで、打っている距離はおおむね80m付近
とおよそ倍くらいの位置で掛けているのです。これがVTR内でも「メタルマルの世界がさ
らに広がりますよ」言っているようにヘビーウエイトの1番の効能ですし事の本質なので
すな^^

<動画>
https://youtu.be/oiROrlapGDA


LEON(加来 匠)
BLOG【Keep Casting, all for by LEON.】
http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/



───────────────────────────────────────
■ KAKKYの釣りMADMAN
───────────────────────────────────────
BREADEN TIMESをご覧の皆様フィールドスタッフのkakkyです!!
皆様良い釣りをされていますでしょうか(笑)
僕はと言うと、時間有る限りフィールドに出て走り回る日々です。
春先から和歌山では珍しくカンパチ(シオ)が好調でサイズもよくメタルマルゲームで良
い釣果が目立っていた気がします!!
最近では、和歌山紀北エリアから中紀エリアで大漁発生した24時間釣れる太刀魚(笑)
1人100本超えは当たり前。
デイゲームでは圧倒的に、これもまたメタルマルが太刀魚を支配していました(笑)
僕も腕が上がらなくなるまで太刀魚を堪能していましたね(^_^)
アングラー側からすると釣れる事は良い事ですが、地球規模で考えると少し異常な気もし
ます…でもどちらかと言うと釣れていて欲しいですね(笑) 
今回、僕のコラムは、最近のブリーデン社の注目アイテムです!
ソフトグッズではマッコーリや虹虹スニーカーなどリリースされていますが、ハードギア
にも注目です(笑)
僕が知る限りたくさんのサンプルロッドが、製作されています…その中で僕の中でやはり
鯵ingロッドの62プロトがヤバい物になりつつあります!
テストしているエリアとしては、流れのある河口エリアでボトムの釣り!!
この釣りはリグをきっちり操作できないと攻略が難しくイメージと動作をリンクさせる釣
り。
ズル引きからのハネ上げで直後にくるアタリをバシッとアワせるティップの感度とベリー
のパワー!!
少しマニアックな釣りですが、この釣りが、中層や表層の釣りを広げてくれました。
よくバスの世界でボトムの釣りを理解できないと中層の釣りなど理解できるはずがないと
、よく言われました(笑)
基本的に鯵ingは中層の釣りで、その先にはボトムベッタリにつく鯵…鯵ingの奥深さに気
づかせてくれたロッド…それが62プロトです。
0.6gから1gの操作性はホントに体の一部になった一体感を感じさせてくれるロッドですね
(笑)
発売はもう少し先ですが、僕の注目の1本です!!

鯵ingが流行る理由としては手軽に誰でも釣れる鯵ingから年々進化したタックルやリグ、
そこから無数にあるパターンが開拓され1つのカテゴリーが確立された釣りだと思います
!!
我がブリーデンチームは、一歩先行くロッドを皆様に披露できる日を楽しみにしています
(笑)
その為、日々フィールドに立ち皆様に良い報告が出来るよう頑張ります!!


KAKKY(岡澤孝幸)
BLOG【★MADMAN-03号機プロトタイプ☆】
http://ameblo.jp/madman03/



───────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column
  五目メタルマルゲーム  by めばり~
───────────────────────────────────────
どうも、めばり~です。

さて、早速ですが今回は、今の時期にオススメのスタイル!
メタルマルを使った五目釣りです!
言わずと知れた魚種限定解除ルアー、メタルマル!
このルアーの威力をご存知のアングラーの皆さんが、至る所でメタルマルゲームの楽しさ
を発信されていますが、今回は私めばり~もメタルマルネタです!

夏から晩秋の高水温期、回遊型の青物、ハタなどの根魚、そしてキスなどの非フィッシュ
イーター達まで、メタルマルを使って沢山のお魚達と戯れることができます。
「ガツンと1発大物狙い」なんてのも良いのですが、『何が釣れるか分からない』。
魚種やサイズに関係なく、「メタルマルで釣れる魚を狙う!」そんなスタイルも釣りの楽
しさを再確認でき、すごく面白いと思いますよ!
私もこの時期は、基本、ハタを本命で狙いつつも、ゲストで姿を現わす他魚との出会いも
楽しみの1つとしています。
勿論、本命だけに的を絞っての本気のランガンなんてやつもやりますけどね(笑)。

ではでは、めばり~のメタルマルゲームの基本スタイルなどを少し。
まずは、現在メタルマルにはウエイト設定が13g、19g、28gの3種類!
私の場合、19gが基本。とにかく飛距離重視のポイントでのみ28g。水深の浅いポイントや
風の無い状況で、スローにアクションを展開したい時には13gを使用します。
さらに、カラーバリエーションも豊富です!
個人的には、晴天時の日中の場合、フラッシング効果の高いホロ系のカラーを基本にして
、状況を見ながらプラチナカラー、グローなどを投入します。
その日の魚からの反応や、天候などを考えて、色んなカラーを使ってみるのが良いと思い
ます。
フラッシングでアピール、シルエットでアピールなどなど…
なんて言いながら、私は好きなカラーに偏ってしまう傾向がありますが…。
カラー選択ってすごく難しい(汗)。
それがまた楽しくもあるのですが(笑)。
そして、メインで使用するロッドはグラマーロックフィッシュTR85PEスペシャルホウリア
イランドですが、ポイントや気分で、TR93やTX77など、数本を使い分けてます。どのロッ
ドもメタルマルとの相性はバッチリです!
ラインはPEライン一択。0.4~0.6号。ロッドスペックも踏まえ、比較的細番手を使うこと
が多いです。
対デカメバル用タックルをそのまま流用といった感じですね。
ショアジギというイメージでいくと、結構ライトなタックルですが、港湾部や堤防からの
スタイルがメインの為、狙える魚のサイズもそれなりなので、これで充分楽しめます!
この仕様で、全層リトリーブ、ボトムを意識してのリフト&フォールなどで反応を探しま
す。
1つのルアーで広範囲を探れるのもメタルマルの魅力ですね。
しかし、ボトム狙いなどでは根掛かりも心配です。
メタルマルの場合、フックをダブルやシングルに変更したりなど対策は色々とあるかとは
思いますが、個人的にはノーマルのまま使うことが多いです。
ボトムを狙う場合、基本、着底はキャスト後の1度のみとし、リフト&フォールを繰り返し
ます。
ボトムから魚を誘い出して掛けるイメージです。
上手くボトムギリギリでアクションを繰り返せれば、ボトムを叩くような釣り方をしなく
ても、カサゴも釣れますし、根掛かりも大幅に軽減できます。
よほど起伏の激しいポイントでない限り、地形の把握、そして、リールギア比やリグのフ
ォールスピードなど、マイタックルの仕様、情報を把握することで、上手く攻めることも
可能だと思います。
しかし、無理は禁物!ロストばかり続くようでは、やる気も維持出来ませんしね。
お財布にも影響しますし、何より環境への影響を考えた場合、極力、無駄なロストは避け
るべきです。
適材適所のリグ選択も大事です(笑)。
しっかりとポイント状況を把握して、メタルマルの使いどころを見いだしましょう!
メタルマルで遊べるポイントを探しつつ、そこでヒットしてくる魚と遊ぶ!
そして密かに本命を狙っていく!
少し力を抜いたこんなスタイルも良いですよ!
皆さんも是非、メタルマルで遊んでみて下さい!


めばり~(濱口直久)
BLOG【志摩を釣る?】
http://blog.livedoor.jp/nanamiwa32-mebari/



───────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column
  メタルマルでGTを狙ってみた  by ちゃんゆう
───────────────────────────────────────
最近沖縄でメタルマルがかなり人気物になっております。お店に90個仕入れたら3日で売
り切れ。今までなかったお店にも売りだされ、沖縄のSNSをみても「メタルマルすごい!
」「メタルマルって沖縄にしかないの?」という声も(笑)
その中でもう一つ嬉しいことが!「ビーローチ」です。こちらもSNSでの釣果をみるとキ
ラーダート3gにビーローチをボトムステイさせて60UPのガーラ(オニヒラアジ)をキャッチ
!など扁平ワームの威力が伝わってます。はやくビーローチの大きいサイズが欲しくなっ
てきました。
そんな中でライトゲームの範囲にあるメタルマルでやってしまいましたよ「メタルマルGT
チューン」です。
その名の通りGTを釣るためにチューンしました。これはあまり参考にならないかもしれな
いのですが面白かったので少し紹介してみます。
ある日、船が通るために掘られた航路沿いにウェーディングで入りそこでメタルマルゲー
ムをしてたら得体の知れない魚に一瞬でメタルマルを持っていかれました。なにもできず
ラインブレイク。次に少し強めの竿にPE2号で挑みましたがこれも何もできずラインブレ
イク。ここでおそらく大きめのガーラと予想、地形的にも走らせたらアウト!今度はPE3
号のガチタックルで挑もうとしましたが、さすがにメタルマルのフックが持たないのでの
で沖縄にいるタマン(ハマフエフキ)専用に作られた頑丈な針20号をメタルマルに装着…ス
プリットリングも5番にしました。
かなりアンバランス笑。このタマン針はルアー用のフックじゃないのでフッキングが難し
いですが、まあそれでも掛かればほぼ確実に取れます。フックがでかすぎてさすがにただ
巻きしかできませんがとりあえずその場所へ挑み再びキャスト。ただ巻きしていると獰猛
にガツンとバイト。次の瞬間フッキングしてあとはゴリ巻きでキャッチ!やっと取れたよ
、68cmのオニヒラアジでした。GTではないですけどこのサイズは漁港でPEスペシャルとノ
ーマルメタルマル28gにPE0.6号リーダー1.5号で上がってるんですがやはり地形ですね…
根擦れ問題が発生します。
そこからGTチューン…ただ巻きしかできないのでボディ本体にうまく装着できないか色々
試してみました。

うん。まだまだ試行錯誤中…。見た目も少しこだわりたいですね(笑)メタルマルのこの形
状はやはり可能性が広がります。
が、メタルマルはあくまでライトゲームの範囲で楽しんで下さい。サンゴ礁まわりに力強
い魚たちがいて、いつも切られて取れなかった魚の顔が見たかったからやった程度です笑

さて、現在私は沖縄の南大東島へ来てます。ここでは沖縄のショアから釣れないムロアジ
が、足元まで来て釣れます。これをワーミングやメタルジグで狙えたら沖縄のアジングが
成立するかもしれません。ワクワクしています。結果は後ほど…


ちゃんゆう(神山勇太朗)
BLOG【ちゃんゆう"Style fishing"沖縄】
http://blog.livedoor.jp/kamiyama55/



───────────────────────────────────────
■ 新製品紹介
───────────────────────────────────────
★ ドライキャップ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ドライキャップ/#181
サイズ:フリー
カラー:01 BLK/02 BLU/03 WHT/04 REDxWHT/05 PNKxWHT/06 NBLxWHT/07 BLUxWHT
価格:¥3,000

■ドライキャップ/#182
サイズ:フリー
カラー:01 BLK/02 BLKxSAX/03 WHTxBLK/04 RED/05 BLU/06 WHT
価格:¥3,000

■ドライキャップ/#183
サイズ:フリー
カラー:01 BLK/02 BLKxSAX/03 WHTxBLK/04 RED/05 BLU/06 WHT
価格:¥3,000

ドライ生地を採用したさらさらドライキャップ登場!!
まもなく出荷開始します。

http://breaden.net/apparel/headgear.html


★ Macquarie 40 / Volga Messenger 15
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Macquarie 40 (マッコーリー40)
ビッグターゲットを求め、磯へ、沖堤へ遠征する本気すぎるアングラーに捧ぐ防水バック
パック。
タックル、レインウエアなど・・・アングラーの大切なアイテムを水から守ります。

サイズ(cm):H55[77] x W30 x D21
容量:40L
素材:500D PVC
カラー:01 BLACKxGRAY/02 BLUExBLACK/03 WHITExBLACK
価格:OPEN

■Volga Messenger 15 (ボルガメッセンジャー15)
簡易防水。
汚れもさっと拭き取れる強靭なターポリンファブリックを採用。
フィッシングシーンだけでなく普段使いも可能な、持ち手付きメッセンジャーバッグです。

サイズ(cm):H32 x W51 x D14
容量:15L
素材:500D PVC / 1680D Nylon
カラー:01 BLACK/02 BLUE/03 WHITE
価格:OPEN

http://breaden.net/others/bag.html


★ 13-Roach新色
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
価格:OPEN
サイズ:30mm
入数:8個
新色:23 いちごジャム/24 蛍光ピンク/25 パインラメ

ビーローチに新色登場!
まもなく出荷開始します。

http://breaden.net/lure/jigheadwarm.html#13roach


★ 13SWAY新色
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
価格:¥800(税別)
サイズ:50mm
ウェイト:10g
新色:07 ピンクイワシ/08 レッドヘッド/09 プラチナグリーン

スウェイアクションが特徴のメタルバイブ『13SWAY』に新色が追加。
出荷開始しました。

http://breaden.net/lure/13sway.html



★ 虹虹スニーカー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雨の日も快適な履き心地!
虹虹スニーカー新登場!!

<スペック>
価格:OPEN
サイズ(cm):24, 25, 26, 27, 28, 29
カラー:WHITE, BLACK, NAVY

http://breaden.net/apparel/footgear.html


───────────────────────────────────────
■ 出荷情報
───────────────────────────────────────
★ Warming Glove/Naked 3
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年秋冬分、出荷開始しました。弊社製品取扱店にてお問い合わせください。

<スペック>
価格:OPEN
サイズ(目安):XS(17~18cm)、S(19~21cm)、M(22~24cm)、L(25~26cm)、XL(27~28cm)
カラー:01 BK/SV、02 BK/BL、03 BK/PK



───────────────────────────────────────
■ お知らせ
───────────────────────────────────────
★ ホームページ、SNSの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。
製品情報は、ホームページへ。
ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」がポロッと登場するこ
も。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : http://twitter.com/#!/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13


★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。(ロッドやルアーなどのフィ
ッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/


------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。


※本メルマガ「BREADEN TIMES」は写真等を沢山含んだメールマガジンとなっております。
写真および画像はHTML版でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2017 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━