バックナンバー

BREADEN TIMES vol.081

2018/07/13 (Fri) 14:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol081/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2018.07.13 Vol.081 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

───────────────────────────────────────
■ Aonashi talks any.
───────────────────────────────────────
先日、西日本を中心に記録的な大雨が襲い、各地に多大な被害をもたらしました。被害に
遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈り申し上げま
す。
そして今週からは気温も大きく跳ね上がりいよいよ夏本番という暑い日が続いています、
熱中症にも気を付けながらこの夏を乗り越えていきましょう!!

今回のコラムですが、今進めている新しいアイテムのお話をしたいと思います。
それは夜釣りにおける必須アイテム『ライト』です。

ブリーデンのライトと言えば・・・・今までに3種類リリースしておりまして、初代ライ
ト(BNL-01)ではバックル付きのベルトを搭載し、ネックライトという新しいスタイルを確
立しました。(販売終了)
そして、現在発売しているモデルはBNL-02,BNL-03です。この2機種ではジェスチャー操作
可能なIRセンサーを搭載し、誤動作防止のためにセンサー反応距離の最適化を行いました
。センサータイプを使うとどうしてもセンサーのONOFFが意図しないタイミングで反応し
てしまうことがあるのですが、その誤動作を最小限にとどめるようにしています。
BNL-02の方は充電池内蔵の明るいタイプ(220ルーメン)。BNL-03は乾電池仕様のスタンダ
ードタイプ(168ルーメン)です。

そして現在進めているのが、新しい提案となるライトです。
このライトですが、なんと赤色光LEDをメインの明かりとして採用します。
多くの人にはなぜ赤色のライト?と思われるかもしれませんね。
このような話をよく聞きませんか?
「自分が釣りをしていたら隣に来た釣り人がライトを点けて海を照らすものだから最悪だ
ったわ~」とか・・・
ライトで釣りをしている海を照らすのはやめてほしい、そう思っている人は多いと思いま
す。
実際のところは魚に聞いてみないとわかりませんが、魚も急にライトで照らされると、『
ん?何だ何だ?』と何らかの警戒をすると思います。そんな時に『照らされようと関係な
いぜ~餌があればいつでも食べちゃうよ~』とはならないでしょうね。
皆さんもライトで足元を覗いてみたことはあると思います。ライトを照らすと、小魚が一
斉に物影に隠れたりしますよね。そうです、ライトの明かりは少なからず魚の警戒心を強
めます。
だから、私は移動する時には極力ライトの光が海に落ちないようにと気を付けながら行動
します。皆さんもそのように気にしながらされているのではないでしょうか。
赤ライトのメリット
ここで今回の赤色のライトの話に戻します。
実はこの赤色の光は通常の白色光と比べて魚から見づらいとされています。
つまり何気なくライトをつけてその明かりが海を照らしたとしても、そのフィールドへ与
える影響が小さくてすむということです。

今現在私はBNL-02の方をメインで使っていますが、釣り場でリグのチェックをする時には
、BNL-02の赤色光を使っています。光の強度は弱いのですがルアーチェックだけならでき
ますし、海を照らしすぎないので、釣り場でも安心して使えます。しかし、この弱い赤色
光だけで釣り場を歩いて移動しようとすると、少し危険です。歩くには暗すぎて安全を確
保できないからです。
ですから移動時は明るい白色光でその光の届く範囲を手で囲ってコントローしながら移動
するわけですが、これが想像の通り少し不便です。そういったことを大きく改善してくれ
るのがこのライトというわけです。
赤色光は150ルーメンの明るさです。BNL-03のサブライトの赤色は8ルーメンですから今
までサブでついていた赤色光と比べると圧倒的に明るいです。
ついでに今回は脇役となる白色光の話もしておきます。
サブライトとしては明るめの90ルーメンとし、こちらもメインとしても使えるくらいの明
るさを持たせています。

テストしていて気づきましたが、赤ライトには他にも次のようなメリットがあります。
・水面での反射が少ない。(ナイトウェーディングに最適)
・赤色光だと虫が集まってこない。(夏の夜釣りも快適)
・地面の凹凸を見やすい(安全に移動できる)

ボタン操作について
続いて使い勝手向上ということで、、、、
一般的に販売されているライトは複数の点灯モードがあってローテーションするタイプに
なっているものが多いですよね。。自分の使いたいところまでカチカチと何回か押して・
・・時々行き過ぎたりして・・・でイライラしていませんか??
ということで、簡単に言うとスイッチでオンオフのみをできるようにしています。
厳密にボタンでの遷移を書くとつぎのような感じです。少しややこしく見えますが通常PU
SHでオンオフ、赤と白の切り替え時のみ長押しという単純操作です。

モードの使い分け
ライトのモードとしては次の4通りのモードですので、このような感じで使い分けてみて
ください。
<メインライト>
赤色High:釣り場での移動
赤色Low:リグのチェック、常時点灯など
<サブライト>
白色High:釣り場から離れた場所での移動
白色Low:ルアーチェンジ時(色確認したい時)

最後にデメリットについて
デメリットは視界が赤い世界になるということです。したがってルアーのカラーを変えた
い場合などは色の確認が難しいので、その場合は白色のサブライトを使ってください。
赤色光は150ルーメンですが、白色光の150ルーメンと比較すると暗く感じます。しかしそ
の明かるさで磯場やテトラを歩いたりするには十分な明るさのレベルですのでご安心を。

ここまでざーっと説明してきましたが、これが今回のライトの特徴になります。今まで無
かったマニアックなライトですが、きっと多くの方に賛同いただけるライトではないかな
と楽しみに思っております。コンセプトを理解していただける方には、これしかない!と
いうライトになっていますよ。

恐らく秋頃には発売できると思いますのでお楽しみに!


Aonashi Hiroyuki
BLOG【13luepearのねじ巻きブログ】
http://ameblo.jp/bluepear/



───────────────────────────────────────
■ INCHO'S REPORT
───────────────────────────────────────
こんにちはブリーデンインチョーです。
あちらこちらで夏の風物詩となりつつあるケンサキイカ釣りに早速行って来ましたのでそ
の時の報告です。
僕の住んでいる関東圏「東京湾、相模湾」は集魚灯を使っての夜焚きの釣りは行われてい
ないので、この釣りを楽しむには遠征という形になってしまいます。ですから静岡県、茨
城県などへのプチ遠征もしくは本気の遠征になります。過去には石川県、福井県、鳥取県
、和歌山県、そして福岡県など沢山の県にお邪魔してまいりました。
毎年場所によってアタリハズレがあるのですが、どうしても仲間がいるところがメインに
なってしまうのが現状です。
今年の第一回目は福岡県博多からの玄界灘にお邪魔する事になりました。お世話になった
のは、飛燕さくら丸さんです。
http://www.hiensakuramaru.com/

この日の天気は晴れ、風穏やかで潮回りは小潮でした。出船時間は6月21日の18時、沖上
がりが翌6月22日の1時だったのでそれに絡む潮汐は16:12満潮→22:20干潮→04:36満潮で
した。
出航から約1時間程のポイントでパラシュートアンカーを投入して始まります。
水深は60メートルくらいでボトムの釣りからスタートとなります。
欲張りな僕はシンカージョインターに20号のオモリを付け、さらにリーダーを約50センチ
だしてとなりのアイツ、エギマル2.5Sをつけています。さらにシンカージョインターから
70センチほど上に枝を15センチ程出してとなりのアイツとエギマル2.5Sをつけて、エギマ
ル2.5Sの2本体制で探っていきます。

シンカージョインター中錘式+エダス1本

当初はまだ明るかったので最初のカラーセレクトはスッテカラーの選択です。水深も深く
、ボトム付近の釣りになるのでしょうから僕はグロー系のスッテカラーの赤緑を必ず入れ
ます。さし色として上の枝には違う色を入れるようにしています。その日のイカの反応が
どの傾向にあるかを見る上で重要です。イカは明らかに色を選んで乗ってくるのでその日
の当たりカラーを見つけるにはひとりで頑張りすぎず周りの沢山釣れている人の色に合わ
せていってもいいと思います。
この日は周りでまず当たり始めたのはチャートグローのような色でした。エギの色に関し
ては絶対はないんですよね、スッテカラーの赤緑は安定して釣れるし、人によってはそれ
以外いらないとまで言ってます。(笑)
太陽が沈んで照明が点灯した後もボトム付近の探りを繰り返し入れていると「もやっ」と
いう抜ける当たり。たまらず竿を煽って当たりをきくと、竿はグィーングィーンとしなり
ます。
これこれ、これを味わいたくてわざわざ博多まで来てます。(笑)
イカの活性が上がってきました。どんどん行きます。
潮が少し弛んできたので仕掛けを変えます。より軽いオモリやエギで誘うと当たりも出や
すいですし、イカが違和感なく触ってきます。下の写真をみてください今までオモリを付
けていたところに過剰ディープやメタルエギを繋ぎ、セットします。

シンカージョインター+エギマル2.5過剰D+エダス1本

シンカージョインター+メタルエギ+エダス1本

これらの仕掛けの最大のメリットはダイレクトな操作感覚と当たりの取りやすさです。
前述のシンカージョインター中錘式+エダス1本の仕掛けは、長めの糸で漂わせながらエ
ギを抱かせなければならないような釣りですので、数を伸ばしていくには不利ではありま
す。
そして

さらにやっていると

サイズアップ!!

数時間がたって、船の周りに完全にベイトが寄り、さらにイカが寄るとレンジはどんどん
浅くなってきます。
ここで考えなければいけないのは色です。この頃になりますと15m~40mの間でイカが釣れ
始めます。実はここからのカラーセレクトがシビアになってきます。船の照明は我々の目
には白色の明るい光がでしかありませんが、彼等の目の構造は人間の眼の構造とはいささ
か違いますから色んな見え方をしているのでしょうね。
今回の当たりカラーはこの3色でした。

ST赤緑グロー
パープル/メタブラック
オールブラック

後半、船の照明に完全にイカが着いてからのあたりの出方はハンパ無かったです。
その時の色のチョイスはシンカージョインターに2.5過剰ディープのオールブラック+エ
ダスに2.5Sパープル/メタブラックのくみあわせ!あえて上をケイムラカラーにしたのは
照明からの紫外線の到達がしやすいと考えました。(まあ、70センチ程度では変わらない
かもですね(笑))
しかしながら、あたりは出まくりで後半の3時間は落として釣って、釣ったら落としての
労働でしたから。しかしながらあたりの取り方や誘い方を色々試したり、ロッドの調子を
見ていたので時間はあっという間に過ぎて行きました。
結果100は超えましたね。(笑)

サイズもそこそこのものが出ました。

さて、今色々やっている中での秘密をメールマガジンの読者の皆さんにちこっとリーク(
笑)
今回2種類のロッドを試しました。チタンソリッドティップのロッドとカーボンチューブ
ラーティップのロッドです。
それぞれの特徴を簡潔に書いてみます。最初に言っておきますどちらもすごく使いやすい
ですし、感度や操作性はメチャクチャいいですし、なんじゃこりゃって言うほど軽いです。
そして、、、2ピースです。遠征ばかりしている僕は飛行機で運びやすいって事は非常に
重要な事なんです。
トレバリズムシリーズのGRF-TK410TS-tipでテストしている時に『アジの抜ける当たりを捉
えやすいチタンソリッドティップって、ケンサキイカ釣りにどうなの?』とか普通に考え
ました。『船の上の揺れる中で当たりを感じる事が出来るんじゃないの』って思うわけで
す。さらにケンサキイカ釣りは照明をつけているのでさらにティップの視認性が良くなり
ますのでティップの動きによる目感度も高いわけです。
ご存知のようにケンサキイカのあたりは様々で船長さんによっては違和感があったら合わ
せてぐらいの事を言われます。違和感は目と手で感じるのですが、このロッドを使うと捉
えることのできる違和感の数が跳ね上がります。今まであたりとすら気づくことのなかっ
たイカのお触りが、違和感として感じ取れるようになるわけです。ある意味このロッドは
『最高を通り越して反則』ですね。(笑)
これまでとは違う次元であたりを掛けにいく感覚は、ゲーム性をさらに高めてくれます。

一方カーボンチューブラーティップのロッドはというと、俗に言うところの反響感度が素
晴らしいです。もちろん繊細に作ってありますし充分柔軟に動きますが、そこはティップ
の特徴がそれぞれありますのでチタンに比べて硬いなんて言うのは野暮です。
リグの操作性はカーボンチューブラーティップロッドの方が優れていると感じています。
自分のイメージ通りにリグを操作・アピールし、イカに抱かせていくような攻めの釣りが
できるのが特徴です。
例えば、釣行時間の後半にさしかかり、イカのレンジがせり上がってきて、場合によって
はエギの単調な動きにはスイッチが入りにくくなっているような時はシャープな操作、ク
イックなアクションが明らかに反応がいいことがあります。そういう時にはこのロッドの
優位性が際立ちます。エギを動かすにあたり、スローな動きの中にクイックな動きを織り
交ぜることによってイカの捕食スイッチを入れることができます。

簡単に要約すると
1.暗くなる前~暗くなり始め
 チタンソリッドティップ&シンカージョインター+中錘式
2.暗くなり始め~照明が点灯しイカのレンジがせり上がってくる前
 チタンソリッドティップ&シンカージョインター+中錘式(ソフトアクション用)
 カーボンチューブラーティップ&シンカージョインター+中錘式(クイックアクション
用)
3.照明が点灯しイカのレンジがせり上がってきて高活性の時(シャープ&クイックアク
ション)
 カーボンチューブラーティップ&シンカージョインター+エギマル2.5過剰ディープ、メ
タルエギ、3.5スーパーディープ
4.照明が点灯しイカのレンジがせり上がってきて低活性の時
 チタンソリッドティップ&シンカージョインター+中錘式(ソフト&ロングステイアクシ
ョン)
というイメージです。
ご自分の竿がどの位の硬さで仕掛けをどのように動かすという事に意識を向けてみてくだ
さい。

<今回のタックルデータ>
ロッド
 プロトロッド(66チタンソリッドティップ)
 プロトロッド(66カーボンチューブラーティップ)
リール
 小型カウンター付リール
ライン
 メインライン:PE0.6号+リーダーフロロカーボン2号
 エダス:フロロカーボン5号
リグ
 エギマル2.5号シャロ―、2.5号過剰DEEP、メタルエギ
 シンカージョインターS、となりのあいつSS、S


インチョー(杉村 徳章)
BLOG【There's something about Incho】
http://blog.livedoor.jp/incho__/



────────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column by ムラテツ
────────────────────────────────────────
こんにちはー!
最近は釣りをどのように撮影するとかっこよく撮れるかや、みんなが目を止めてくれる
ような写真や動画を追求中です(^ν^)。釣りも撮影もたまらなく楽しい!!俺が2人
いればいいのに(笑)(笑)1人じゃ限界がある(涙)っと思いつつ日々過ごしております(笑)

日々釣りをしていて思うことなんですが、魚を釣るだけでなく魚側のことも考えてやっ
てほしいなと思います。何が言いたいかといいますと、魚を釣るなら掛けたら必ずキャ
ッチしよう!!ということです。ファイト中にラインブレイクすると、その魚にはルア
ーがかかったままの状態になってしまいます、そのような状態にはしたくないですよね

そのために、次のようなことに注意しながらやってみましょう。
まずはこまめにリーダーを確認します。手で触って傷等が入っているようならすぐに交
換。フックについては錆などが発生しているものは強度も落ちてますし、フッキングも
悪くなります。
キャッチを目的として釣りをしているので、せっかくヒットしたらできるだけばらすこ
とがないようにラインやフックなどに常に気をかけておきましょう(^.^)

フックにも種類があるのはご存知だと思います。何個かあげてみます(´∀`)
バーブあり
通常の内側にバーブがあるもの。基本的にこのタイプがよく使われてるものです。
少数ですが、アウトバーブといって外側に返しがついているものもあります。
バーブレスフック
バーブがないもの。
これは返しがないからってバラシが極端に多くなるわけではありません。シーラみたい
に飛び跳ねたりする魚でテンションが抜けてしまうとバラしてしまうこともあります。
リリース前提の釣りをしているならバーブレスを使うようにしましょう(^^)
フックの調整
フックのゲイブ幅の調整もします。シーバスなどエラ洗いとか多い魚にはゲイブ幅を縮
めることで掛かった後のバラシを少なくできます。この時ベントの部分を曲げると耐久
性が落ちますのでテーパー部をすこし内側に寄せる程度にしてください。これによって
フッキング率は若干落ちますので、フッキング、バラシのどちらを優先するかによって
調整をするかしないかを決めてください。
逆にゲイブ幅を広げる方法もあります。無理に広げすぎると針の強度が落ちてフックが
開いたり折れたりします。かかりやすくなりますが、バラシやすくもなります。

あと、針のサイズは狙う魚によって使い分けましょう。魚のバイトや口の大きさを気に
してフック選択および調整をしてください。
ルアーがいくら良くても魚をかける針がダメならバイトのみでヒットしません、、フッ
クの状態をキープするためには、使ったルアーは水洗いして干して完全に乾燥させまし
ょう!

あとはリリースする前提ならバーブレスフックを使ってほしいなと思います。
船でのキャスティングなんかは特にそうです。万が一刺さった場合でも返しがない分す
ぐに抜くことができますよ(^.^)
ラインを緩めなければ普通のフックと遜色なくやりとりはできます。

例えばミニマルプラッキングについてですが、ミニマルのフックを最近はゲイブ幅を触
って使っています。トレブルのうちの一本をゲイブ幅を広げてもう一本は狭めたりして
一本一本でデメリットを助け合えたらとか思いながらやっています。かなり気持ちの問
題かもしれませんが(笑)。でも釣りにおいて何か考えて試すことは大事です。そう言い
聞かせてやってます。強度を上げるためにフックのベントに熱硬化性樹脂を塗って炙っ
たり(笑)(笑)日々研究ですね(笑)
ミニマルなんかでバイトするけどかかりづらいときなんかはフックサイズを落としたり
ゲイブを広げたりでも変わってくるんで是非一度試してみてください(´∀`)

ブリーデンから発売しているフックも使ってみてください!#12で通常のものよりショー
トシャンクです!針の刺さりはピカイチ!!!サイズ感を比較してみました!

インスタのmuratetu417で釣果などどんどん上げていきたいと思います^ ^
もうちょっとインパクトのある魚を釣ってアップしたいと思います^ ^最近は釣りに行け
てなくて、、、(涙)
YouTubeも最近あげれていませんが、撮影しながら釣りしていいのが撮れたらあげます^
^毎回撮る前に釣れたり、釣れる頃にバッテリー切れだったりなのです(汗)


ムラテツ(村上徹)
BLOG【13blog】
http://muratetu.blog.fc2.com/


────────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column by ぱるます
────────────────────────────────────────
暑いですねー。しかしまだ夏は始まったばかりといった感じです。
この季節の釣りといえば自分的にはチニングですかね。
マズメにはトッププラグ、日中はクランクベイトやワインドで遊んでも面白いんですがメ
インはやはりナイトゲームが多いです。
夏のナイトゲームといえば、夜も進むと聞こえるのはカエルの声だけ。
ジットリとした湿度の高い空気がまとわり付く中で一心に竿を振っていると突然生暖かい
風が通り過ぎふと何かの気配を感じて嫌な気分になる事も・・
一人で夜釣りをする人間なら一度くらいは得体の知れない恐怖に囚われた事があるのでは
無いでしょうか?
怪談には夜釣りでのお話なんかも良くありますのでそんな時ついそういった話を思い出し
たりするものですが、実際不思議な事や怖い体験をした方もいるかもしれません。
実は私も数回そんな体験があるのですが・・・・
おっと、その話はおいておいて今回はキビレについてです。

この時期地元浜名湖でもクロダイと共に釣りの人気ターゲットとなるキビレ。地元では海
津なんて呼ばれ方もしています。
クロダイとキビレ、同列に扱われますが魚好き目線で見ると細かい点ではそれぞれ魅力が
違います。どちらも扁平な体型にピンと張ったヒレやトゲなんかもカッコイイ魚ですが、
クロダイの体色はモノトーン基調でヒレのグラデーションが渋いです。メタリックブルー
が映えるにび色の顔はイカツイ感じで野武士の様な野趣にあふれています。
対してキビレは体高があって丸い体型。色が白くクロダイと比べれば女性的な印象です。
日中釣ると白銀に輝く体色はうっすらとゴールドが乗っていてとても綺麗、顔から背中に
かけては緑がかった青や紫に見える事もあり艶があります。特徴でもあるヒレに差す黄色
は南国の果実を思わせる派手さもあってなんとなく夜のお仕事をしている女性を連想して
しまいます。真鯛は「磯の女王」、キスは「砂浜の女王」などとも呼ばれますが、クロダ
イより汽水域を好むキビレは「汽水の女王様」と呼んでもいいのではないでしょうか(笑)

性格に関してはキビレよりクロダイの方が警戒心が強い、バラシたりリリースすると近く
にいる他のクロダイも逃げてしまうなど聞いた事がありますがどうなんでしょう、あまり
実感した事はありません。ルアーへファーストアタックから強いアタリはキビレが多い気
がします。
クロダイ同様ミニマルはじめメタルマル、ビースウェイ、ビーバイブ、バイスライダー、
ビーローチ等色々なルアーで狙えます。そのポイントそのシチュエーションに合ったルア
ー選択をしてアタリを引き出すのはルアーフィッシングの醍醐味ですが、チニングはルア
ーも生息場所も選択肢の幅があって楽しめます。
ヒット後のやり取りも反転してからグイグイと引き込むのが気持ちイイ。体高があるため
かクロダイと同じ体長ならキビレの方が引くと言う方も多いです。頭の向きややり取りの
押し引き、ドラグの使い方など、私はチニングで魚を掛けてからの基本を学んだ気がしま
す。初心者の方にもバラし易いシーバスよりおススメかもしれませんね。
まとめているとまた釣りたくなってきました。皆様も是非是非。


ぱるます(村瀬)
BLOG【ぱるます lure fishing】
http://palmas.blog.jp/



───────────────────────────────────────
■ MOVIE ルアー合衆国動画 TOREVALISMアジング
───────────────────────────────────────
2018年6月放送、三重テレビ「ルアー合衆国」の動画です。
東京湾のボートゲームでメバル、アジを狙います。
ブリーデンの開発中クリアプラグも初登場!!

【ロケ地】神奈川県横浜市
【出演】「ブリーデン」インチョー(杉村徳章)

https://www.youtube.com/watch?v=dq94Ufe0MTY

────────────────────────────────────────
■ 新製品紹介
────────────────────────────────────────
★ METALMARU SINGLE
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メタルマルのシングルフックバージョン登場

パッケージの「シングルフック」シールが目印です。

●価 格:
Metalmaru13シングル ¥1,000
Metalmaru19シングル ¥1,000
Metalmaru28シングル ¥1,100


────────────────────────────────────────
■ お知らせ
────────────────────────────────────────
★ ホームページ、SNSの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。

先日ホームページをリニューアルし、スマートフォンからの閲覧にも対応したページとな
りましたので、ご覧くださいませ。

ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」が登場することも。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : https://twitter.com/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13


★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。
(ロッドやルアーなどのフィッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/


--------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
--------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。


※本メルマガ「BREADEN TIMES」は写真等を沢山含んだメールマガジンとなっております。
写真および画像はHTML版でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2018 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━