バックナンバー

BREADEN TIMES vol.069

2017/07/13 (Thu) 15:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol069/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2017.07.13 Vol.069 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷
BREADEN TIMES 7月13日号。

暑中お見舞い申し上げます。
今年は空梅雨から一転、梅雨後半は降雨続き・・・各地で集中的な豪雨もあり、甚大な被
害をもたらしているというニュースを連日見聞きします。豪雨洪水等での災害に対し、お
見舞い申し上げます。
これから続く猛暑の中ではありますが、いち早く回復復旧します事を願います。

BREADEN社のある西脇市では、梅雨前半は空梅雨で水不足が心配されましたが、後半は雨
、雨、雨・・・釣行予定や洗濯乾燥予定、お子さん等の行事計画が中々うまく実行出来な
かったのではないでしょうか?

そして、今年はケンサキ当たり年??
GW明けのシーズン序盤より北陸~九州・・・西日本中心に好調が持続しています。
BREADEN社でも、早めに手配しておいたエギマル2.5号Sが早々に完売し、追加生産分も
既に大半が欠品、更におかわり生産を計画中です。
 他の釣り物との兼ね合いもあり、私的にケンサキ釣りは、夏の風物詩?大人の夜遊び?
大人の夕涼み??という位置づけで既に20年楽しんできている釣りではあるのですが、
近年のブームに乗ってフィールドは拡大し、各地でケンサキを楽しめるシーズンも拡大!
!場所を探せば一年中楽しめる釣り物となってきています。
周囲の知人らからも「ケンサイカ行こか!!」というお誘いは多数頂いたりします!山積
する多忙を早く片付けて夏モード!ケンサキモードに突入したいものです!!

 しかしながら、既に私は日焼けで真っ黒肌。子供の部活に、少年野球応援、奉仕作業に
連日の草刈り等々・・・夏は夏で何かと用事の多い予定満杯7月です。業務の方でも商品
開発&生産がテンポ良く好調な環境が調い、生産現場とフィールドテスト現場をクィック
ターン的に行ったり来たりと出張も増え、目の回る様な日々。数年かけ奔走し見直してき
た生産体制がキビキビと効率よく機能し始め、作りたい商品が次々とカタチになってきた
のは、多忙で肉体的には疲労気味ですが、精神的には充実した楽しい日々です。

 2017新製品も続々と!!
・晴れの日も雨の日も、カジュアルでも陸っぱり釣行でも「虹虹スニーカー」新発売!
・防水!大容量!!新ターポリン「バッグパック&メッセンジャー」近日発売!
・新型「CAP各種」開発中!近々詳細発表!
・アジングロッド「GRF Trevarism(仮名)」高性能やり過ぎ開発中!
・ショアベイトロッド「GRF 73B(仮名)」ええ感じ開発中!
・新型「MonsterCalling」各種開発中!
・「Bsway」各種&新色出荷します!
・「Metalmaru」秋本格シーズンに向け、順調生産中!

梅雨~夏のレジャーシーズン、BREADENのレインウェアや虹虹スニーカー、ブーツ等々で
快適装備して大自然に飛び出しましょう~~~!!
みなさんも釣りにスポーツに行楽に、夏を楽しんで下さい!!

それではみなさん、ゴキゲンな週末を!!


株式会社READEN代表 村井 光一
BLOG【13 超越 blog】
http://blog.livedoor.jp/breaden13/
÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷



───────────────────────────────────────
■ レオンコラム
    レオン的ライトゲーム考 その63「サイズバリエーション」
───────────────────────────────────────
 バイスライダーやメタルマルはシーズンを通して色んな魚を連れてきてくれるとてもス
ーパーなメタルルアーですが、僕自身、特に夏から秋にかけての使用頻度は格段に上がり
ます。理由の一つは、この数年初夏から中秋にかけてのハタゲームに僕がかなりハマり込
んでいる事と、秋のカタクチイワシパターンで、ブリやサワラや大鯛やタチウオがメタル
マルにとても反応が良い事の二つなのです。
 しかしこうなると、バイスライダーやメタルマルはそもそもアジやメバルなど小型魚用
に開発したルアーですから、どうしてももっと深い場所へ落とせる重い物や、フックの大
きいラインナップが欲しくなるのですな^^;

 ということで現在色々と試作品を作って貰って試しています。
 まずはバイスライダーですが、ペスペでギリ背負える20gをテスト。すでに健太郎君
の元でアクション調整はほぼ完成レベルですので、あとは実釣あるのみです。で、この2
0gというのはアジメバには少し大きすぎる&重すぎるとイメージされる方が多いのです
が、なんのなんの、デイゲームでサーフからの遠投や海峡部堤防からの本流の釣りなどで
とても良く釣れるのですよ。

そもそもメタルジグ好きの僕は色んな魚を釣るために普段から20~30gは普通に投げ
ていましたからね。
 そんな中で7年ほど前のある日、山口県の岩国海岸や祝島で試しに20~25gのメタ
ルジグを遠投してアジを狙っていたら「普通サイズのアジ」が「普通に釣れた」のですよ
。重いジグを結んだ理由は明らかにポイントが遠い&深いからでしたが、5~10gで届
く距離には魚が居ないのに20gをキャストした途端連発したのです。

 実はこの頃にバイスライダーの基本的イメージは出来上がっていたのです。このウエイ
トでアジが喰ってくるなら、もっと効率よくヒットに持ち込めるアクションは別にあるは
ずだと。その結論の一つがスライドダートだったのです。もちろんセンターバランスの水
平木の葉フォールの方が良いときもありますが、当時ライト系ジグにスライドする物は無
かったのでどうしても欲しいと・・・。
 そして数年後にブリーデンから機会を頂いて取り組み、軽いながらも見事にスライドす
るジグが出来上がった(2013年)のですが、こうなると僕は贅沢であり、色々といじくっ
ているうちに、とうとう逆付けで水平木の葉フォールするフォルムまで漕ぎつける事が出
来たのです。

 でね、製品化できてから様々な場面で釣果を出せていますが、特筆すべきはボトム付近
での水平方向へのダートですよ。まあ落ちていきますから当然角度は付きますが、滑空距
離が長いためにバイトチャンスが圧倒的に伸びるのです。これがバイスライダーの最大の
強みであり釣れる秘密なのです。竿一本分持ち上げてスッと抜く。これだけで強力な誘い
のアクションが果たせるわけです。でね、どんどん贅沢になっていくのです。もっと遠く
のもっと深いところを攻めたいと。そして深くなって流れと共にジグやラインにウォータ
ープレッシャーが掛かると、軽いジグではスライドしにくくなるのですよ。なのでもっと
ロングスライドする20も30も40も本来欲しいのです(笑)
 ともあれ、プロトの20gはかな~り良い感じです。実はこのサイズはライトタックル
によるデイショアキャスティングのマストサイズなのです。20gというウエイトは飛距
離も相当伸びますし、ショアからでもかなりの水深まで撃てますのでグッと釣りの幅が広
がる事請け合いですな^^
 お次は同じ理由プラス、大型魚にも対応できるもっと大きいフックを背負えるメタルマ
ルが欲しいのです。で、これも健太郎君の手ですでに40gプロトが出来上がっており、
先号でもチラ見せしましたがこれが楽しみ。今回はアクションを含むバランス出しも完成
し、実釣用に塗りも入った物をかなりの個数用意して貰ったので、さっそくアングリング
ソルト連載ロケを兼ねて大型ハタ相手に実戦でテストしてきます。皆さんがこのコラムを
読まれている7月13日当日は恐らく釣りの真っ最中で、きっとナイスハタをバイスライダ
ー20&メタルマル40のプロトで釣り上げているはずです。
 何せ縁起の良い13の日ですからね。釣れないわけが無い(笑)


LEON(加来 匠)
BLOG【Keep Casting, all for by LEON.】
http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/



───────────────────────────────────────
■ Salty Cafe (Ride Column)
───────────────────────────────────────
梅雨~の夏真っ盛り、ちょいと日焼けが気になる68年式のライドです…汗

7月も半ばとなり全国各地で梅雨も明けはじめ、いよいよ本格的な夏がやって来ようとし
ています。
現在、私は仕事が夜勤なため朝二時間縛り的なデイゲームをすることがよくあるのですが
、8時を過ぎる頃には日差しも強くなり、朝といえども熱中症対策無しでは危険を感じる
ほどの暑さになります。皆さんは、熱中症対策してますか?

私の場合、紫外線対策には NECK GUARD&ARM GUARD!!
速乾性素材のため汗をかいたあと風に吹かれるととってもCOOOOL♪
ホワイトカラーのおかげで、蜂等もあまり寄って来ないこともGOODです!!
そしてもう一つ、熱中症対策で忘れてならないのが水分補給!笑
皆さんも、熱中症には十分注意して下さいね~!!

では、最近の釣況を交えて夏のターゲットについて話しましょう。

まずは終盤を迎えた梅雨メバルから!
闇磯や渚へ行けば地合いは短いものの7月いっぱいは良型が狙えます。闇磯では潮の変化
を読み、ミニマルやジグヘッドワームを使いドリフトで狙います。渚では、沖の藻帯をフ
ロートリグで!! 本当に地合いが短いので、それを逃さないための集中力が必要です。
低水温期では考えられないくらいの暴力的なファイトで楽しませてくれますよ♪

次はアジング!
7~8月は20センチ前後の小型がメインとなるのですが、ボトム付近を良型がスクールして
いることが時としてあります。表層~中層の小型に気を取られすぎて見逃してしまうこと
がよくあるので、時折ボトムにも意識をやりサーチしてみることも大切だと思います。
NEWアジングロッド、鋭意開発中!!

夏の定番、安定のライトケンサキ!
毎年通っている島根県の美保関沖、今年は当たり年みたいです!!
この釣りに関しては何の説明も必要ないかと...
一度体験して下さい、とにかく楽しいです♪笑

そして今、自分の中で最も興味があり突き詰めていきたいと思っているのが、河川や汽水
域での黒鯛デイゲーム。
今年の三月頃から検証しているのですが、近場で手軽に楽しめるうえ以外と簡単に大型を
手にすることが出来ます。釣り方もナイトゲームと同じで黒鯛用のラバージグに13ローチ
をセットして、ボトムをズルズルとただ巻きするだけなのです。
[黒鯛用ラバージグ+13ローチ]

ナイトゲームより安全で気軽に足を運ぶことが出来るので、黒鯛初心者や女性にもエント
リーしやすい釣りではないでしょうか!
今後、皆さんにもっとお勧め出来るよう、ルアーやタックルも含め釣り場など様々な要素
を検証し発信していきたいと思いますのでお楽しみに!!

最後にメタルマルのデイ真鯛ゲームです!
この釣りも一見難しそうには思えますが、決してそんなことはありません。場所と潮さえ
間違わなければ、かなりの高確率で釣れます。先ず場所選びですが、潮通しが良くある程
度の水深があれば真鯛は間違いなく居ると思って下さい。潮の大きさは、もともと潮通し
の良い場所を選んでいるので中潮周りで釣行すれば、まず間違いはないでしょう。干満に
ついては場所によって良し悪しがあるので、とにかく通ってみるしかありません。
キャストするポイントですが、デイゲームなんで目で見てハッキリと分かる潮流の変化や
潮目には必ずキャストしましょう! 使用するメタルマルは19gと28gで、ルアーアクショ
ンは底取りからタダ巻き上げハンドル10回転程度→再底取りの繰り返しのみで、あとは真
鯛がヒットするまでキープキャストするだけ。ねっ簡単でしょ!!
この釣り方で、真鯛以外にもアコウやヒラメなどといった高級ゲストが登場するこもある
んで、かなり期待値の高い魅力のある釣りです♪

さあ、夏真っ盛り...
熱中症対策を万全に、いざフィールドへGO!!


RIDE(妹尾 和明)
BLOG【Salty's cafe by RIDE】
http://13-ride.blog.jp/



───────────────────────────────────────
■ Kentaro's LA13(ラボ)
───────────────────────────────────────
【アオリイカ親イカの攻略】
今回はまず、実際に私が遭遇した白い親イカの経験を紹介します。
当時(15年ぐらい前)、それなりに親アオリを釣ってはいたのですが釣っても釣っても「
釣れた感」がぬぐえない状態でした。ゆえにサイトで釣れ方を確認したくて方々走り回り
、イカを見つけてはエギを投げ、その度にイカが視界から消えていく現象に頭を悩ませて
いました。そんなある日、いつものようにアオリを見つけてキャスト。シャクリを入れる
とまた視界から消えていきました・・・。エギを回収する気も起きずに海底に落としたま
ま考え込んでいたのです。
「なぜエギを見つけた瞬間に避けるのか」と。けど、ふと気づくとさっき逃げたアオリが
異様に白くなり、放置していたエギの後ろ3mぐらいの位置にいたのです。そりゃもうビ
ックリで、ドキドキしながら観察しているとアオリはゆっくり…ゆっくりとエギに近寄り
フワッと抱いてしまいました・・・。ボトムロングステイで釣った初めての親アオリでし
た。この時ようやく気づいたんです。シャクリを入れると逃げるアオリの感情が。
つまるところアオリは逃げてはいませんでした。ベイト(エギ)に狙っていることを悟ら
れないように、あえて沖方向へ移動していたんです。未熟な私にはエギから逃げているよ
うにしか見えませんでした。その後、何度か観察しているとアオリによっては人の視界か
らは全く見えないところまで下がるほど用心深い個体もいました。そうアオリがベイトを
騙す動きに私はまんまと騙されていたってことなんです。

【シャクリという警戒・威嚇】
白いアオリが気づかれないように近寄るのはご理解いただいたと思います。ということは
です。あなたがアオリだとした場合、近寄った段階でベイトが警戒して逃げたらどう思い
ます?ってことです。明らかに気づかれた状態ですよね。狩りの失敗です。これで捕食を
諦める個体が多いのは当然ですよね。でも私はシャクリ方を色々変えてみるばかり。気づ
かれたくなかったアオリに「気づいてるよ!」とアピールしているだけでした。
ここで補足です。誤解して頂きたくないのは毎回こういう状態ではなく、アオリの群れを
捕らえたなら、ここまでのスローな釣りが必要ない場合も多いです。ファーストアクショ
ンのファーストフォールで抱く個体もいます。けどベイトが沢山いなかったり、群れのア
オリでない場合は必然的にアオリは死角を奪う捕食方法を選択しやすいってことなんだと
思います。

【バレる?】
続いて話を少し変えます。釣り方ではないのですが書いておきたいことがあります。それ
は「ラインを緩めるとバレる?」です。何度か耳にしたことがあると思います。これって
本当でしょうか。この思考の要因はカンナが真っ直ぐであることと、イカが横抱きをする
からだと思います。イカを掛けた後にラインをフリーにして観察してみると分かるのです
が、アオリは触手を使って自らエギを外すことはできないんです。ちなみにラインフリー
にするとアオリはある程度落ち着いて宙層を漂いだします。ラインを再度引っ張ると慌て
て逆噴射するものの、ラインテンションを抜くとまた落ち着きます。これはメバルをヒッ
トさせてラインをフリーにした時と同じです。引っ張られるから抵抗します。「作用反作
用」という言葉がマッチする感じです。というわけで、ラインテンションを緩めてバレる
のは基本的に横抱きしてカンナに掛かっていない時です。けど最初にしっかりカンナにフ
ッキングできたなら、少々テンションが抜けても大丈夫です。ってまあテンション抜く理
由は・・・ないのですが(笑)

【吐くということ】
アオリではないですがターゲットのキモチを考える上でもう1つ書いておきたいことがあ
ります。釣った魚がベイトを吐く行為です。シーバスやカサゴって釣った後に食べ物をよ
く吐き出しますよね。それはもちろん食べてはいけないものを食べた時の防衛反応だと思
います。人もそうですよね。すなわちよく吐く魚って「食べられそうなものは食べてみる
」という習性の証ですよね。釣れるルアーの幅が広いターゲットであり、ルアーフィッシ
ングが成り立ちやすいターゲットと言えるのかな?と思っています。

【想像力・妄想・想定は生き残る知恵】
キモチを想像する重要性を色々書いてきましたが、1つ違う目線からのお話を紹介します
。人が幽霊を怖がるのも「想像力」が1つの原因だと思うのです。暗闇で見えない相手を
想定して「出たらどうしよう」と背後が気になって仕方ありませんよね。ゆえに人は怖く
なると何度も振り向いて確認します。「動いては止まり、動いては止まり」・・・そうル
アーのストップ&ゴーやエギのシャクリ&フォールです(笑)もし幽霊を認識したら一目
散で逃げますよね。ルアーの早巻き=エスケープアクションです。でも幽霊を想定してい
なければ、のんびり歩きますよね。ルアーのスローリトリーブです。
ルアーフィッシングのキモはここで、捕食者はルアーの様々な動きに対して何らかの意味
を勝手に感じ取り、捕食できるか・するかを判断したり捕食方法を変えます。つまりアン
グラーが意識していなくてもスピードや動かし方には必然的に意図が乗っているんです。
分かっている人は状況に応じて意識的に意図を乗せて釣りを組み立てているってことです

今自分がどういう意図で通したかを分かっていれば、違う意図を通して反応の違いを確認
できます。効率は段違いです。達者な人とそうでない人の差の1つはこういった情報量が
大きく関わっていることは覚えておいてくださいませ。

最後は変態エギのご紹介です。


【エギマル3.5shallow】
以前にもご紹介したのが「3.5shallow」です。実はこの変態エギ、1m沈むのに12~16秒
かかります。エギが濡れてない状態で静かに海に落とすと布が泡を掴み、浮力が増して沈
まない場合があるほどスローなセッティングになっています。(数回シャクリを入れると
沈みだします。笑)
なぜこんな極端なエギがあるのでしょう?それは白いイカ系を攻略しやすくするためです
。シャクリを入れる回数を減らせるんです。着底もフワリとするのでボトムステイでもナ
チュラルな動きですし、藻の上で抱かすことができます。フォールが早いと「アクション
させたくないけど、もう藻に入ってしまう!」となるんです。アクションさせる時はキビ
キビとダートしてフォールは激スロー。これほど抱かせやすいエギって・・・そう無いん
です。

でも、使い方を知らないと「遅すぎて使えない」と思われてしまうんです。横風受けると
沈みません(笑)事実、そんなに売れるところではありません。けど勿体無いと思ってし
まうのです。こんなに理にかなったエギがあるのに理解されることが少ない現状に。使い
どころはここまで読んで頂いたならお分かりだと思いますので、是非試してみて下さいま
せ。お店になかったら「ブリーデンのエギマル3.5shallowを入れてよ!」と店員さんに言
って入れてもらってくださいませ(笑)


健太郎
BLOG【Mebaring@】
http://blog.livedoor.jp/kasago2/



───────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column
  夏の回遊魚!!粘り疲れたら根魚へシフト!!  by ムラテツ
───────────────────────────────────────
こんにちは^ ^今は雨や台風やらで熊本かなり大変です(゚∀゚)雷が近所に落ちたり、木が
倒れて道をふさいだりと、仕事もバタバタなムラテツです(´-`).。oO

<昼間でも楽しめる青物狙い>
今からの時期はまだ小型ですが青物が釣れるチャンスがあります!
これから始めるならメタルマルやバイスライダー、ビースウェイを使ってカンパチやヤズ
なんか狙ってみては?
九州では鹿児島の道沿いの磯や天草の西海岸の地磯なんかで狙うと可愛いやつが釣れたり
します。
またカヤックなどの小型ボートから狙ったりする人も結構いますよ!

自分の釣果で言うと、最近では堤防からまぁまぁなヤズっ子が釣れました!
釣れた時間は昼12時を過ぎてました。
堤防の先に漂流物が流れていたので、ビースウェイをキャストして漂流物の近くを通すよ
うにリトリーブ。
堤防の立ち位置を変えることにより漂流物に対してルアーを引ける角度が変わるので、そ
うしながら少し早めのリトリーブで何度かルアーを通してやるとヒットしました!
狙いとしては、漂流物についたベイトを演出するという感じですかね。今回は漂流物でし
たが、潮目やブレイクもポイントになります。ただやみくもに遠投するのではなく、そう
いったポイントを狙うことで確率は上がってくると思います。
そして、青物については情報の鮮度が命!情報を耳にしたら早めにポイントにいくことが
大事ですね!
あとは今まで自分が行ったポイントでベイトがよくいるところは基本的に潮通しがいいと
思うんで、そぉいうポイントで朝マズメを撃ってみたらいいと思います!
青物を釣るのは情報収集や運もありますが、潮通しのいいポイントを知っているかどうか
が大きなカギになります。自分も青物釣りを始めて、釣れるまでに1年は費やしました汗
でも釣れたときの感動は格別です!足が震えるほど嬉しかったのを今でも覚えてます!

ということで、青物を釣るために次の3つの点を意識してポイントチョイスをしてみてく
ださい。
 1.外海に面した潮通しのいい場所を狙い撃つ!
 2.鳥山を見つけれれば高確率!
 3.ベイトがたくさんいるポイント

ベイトはイワシやカマスがいればベスト!
あとは先ほどのポイントひたすらやってれば結果が出ます!ショアジギは信じて粘りまく
るしかないです。
カツオなんかもつれちゃいますよ!

こいつは6月半ば頃メタルマル28で獲った80オーバーのブリ!!
この夏はメタルマルで青物を狙ってみては(゚∀゚)!

<昼間でも楽しめるお手軽フィッシング>
みなさん基本マズメを狙って釣行しますよね!しかし仕事が忙しい人はそんなグットタイ
ミングに釣りができるとは限りませんよねー!自分もそうです(u_u)今は釣りにいくとき
はマズメ関係なくエギングばっかりしてますが根魚もよく狙います。
もぉすぐ根魚系がたくさん釣れる時期に入りそうですね(^^)
ロッドはTR93ホウリや、エギングロッドのSPICE80、SPECIMEN76tiptopを使っています(゚
∀゚)

<カサゴ>
使うルアーはメタルマルや重めのジグヘッドにネジネジやビーローチやバチで行きます!
ジグヘッドは5gぐらいあった方がわかりやすいと思います。バイスライダーも捨てがたい
ですね。バイスライダーはゴロタ浜やあまり流れが早くないポイントで使ってます^ - ^
アクションはボトム着底、ボトムちょんちょんの繰り返しで簡単に釣れちゃいます^ - ^
ボトム意識で「ここに餌がありますよ」って感じに1、2回リフトして底に置くという感じ
でひたすらボトム攻めでいきます。
カサゴは底に住みやすいスペースがあれば、そこで餌が通るのを待っています。
釣り上げられたら、また他のカサゴが同じポイントに住み着いてるみたいな・・・人間で
例えたらアパートですね(笑)個人的にはそう思います。一度釣れるポイントを見つけたら
、そこを毎回攻めたら基本釣れちゃいます(^^)
そのかわり先行者がいたらもー獲られた後かもですね。

<ハタ系>
使うルアーはメタルマル、ビースウェイ、ミニマルですかね!
ハタ類は種類がたくさんありまして、ショアから釣るならマハタ、アカハタ、オオモンハ
タ、たまーに大型のクエとかきちゃいますよね。ハタはカサゴと違い遊泳力がすごいです
。青物にも引けをとらないし、さらに根に入る習性もありますので、なかなかやっかいで
す。
ハタ類の捕食スイッチを入れるにはシーバス釣りみたいな意識でやった方が釣果が出ます
^ ^ビシバシアクションよりも、タダ巻きでティップで軽~くアクションをする感じが効
果的に感じています。
そして掛けた後のポイントとしては、ドラグきつめでゴリ巻き。
ハタ類の釣り分けとして、オオモンハタやクエは底にいるより中層付近でヒットすること
が多いです。
オオモンハタが釣りたいときはビースウェイとかビーバイブが効果的ですね(^^)他にもミ
ニマルただ巻きなんかもかなり効きます!!今年はビースウェイでハタやクエを狙うつも
りで釣行しまーす(゚∀゚)
ビースウェイはまもなく新色がでますので、それも気になりますね。

ハタゲームも6月~10月くらいがハイシーズンだと思うので今からが本格シーズンですね
。エギングしててエギにハタやらクエがかかり出し始めたら、エギングから根魚釣りに移
行します。^ - ^
しかもハタゲームのいいところは朝マズメや夕マズメ気にせず昼間遊べる!ゴロタ浜とか
磯なんかでちょちょいと釣れちゃう!仕事とかで時間に縛られてる人達にはありがたいタ
ーゲットですよね

この夏は、みなさんも根魚釣りしましょー^ - ^


ムラテツ(村上徹)
BLOG【釣り中毒 青物を求めて be muratetu 熊本の阿蘇から ブリーデンLOVE】
http://muratetu.blog.fc2.com/



───────────────────────────────────────
■ Field Monitor's Column
  夏の遠州灘  by ぱるます
───────────────────────────────────────
いやー夏が来ましたね、来ましたよ夏が。
梅雨はあけましたでしょうか海で泳ぎましたでしょうか
私は海に入りましたよ、まぁ冬でも波乗りしているんで正確には海パンでサーフィンしま
した。
そんな風に水温の変化をダイレクトに感じている訳ですが、海の生物の様子もだいぶ変わ
ってきました。
なにかと賑やかになってきて夏の釣りモノが見られる様になりましたね。

・・と夏の釣りの話の前に私の5月6月の釣りの報告を。
5月の終わりには冬から追いかけていた70cm以上のヒラメ・・いわゆる「座布団ヒラメ」
をサーフショアから釣る事ができました。
夏の間は大型のヒラメは深場に落ちてしまうと言われているので、まずは春に今年一枚目
を獲れて幸運でした。
また秋以降更なるサイズアップを狙ってみたいと思います。
私が知っている範囲で最大のヒラメは130cm13kg。
コイツは化け物ですが、メーターオーバーのヒラメをいつか釣るのが夢です。

6月になって遠州灘はイワシの接岸があり活気が出てきました。
マゴチが釣れる様になりヒラメ以外にもイシガレイやウシノシタ、ダイナンウミヘビ、ガ
ンゾウビラメやワカシ、シーバスなどをメタルマル中心に魚種限定解除しました(*^^)b

ビースウェイで釣り上げたシーバスが吐いたのは5から7cmのボラの幼魚と小さくルアーサ
イズがぴったりマッチ。ベイトが小さい時やプレッシャーの高いフィールドで活躍します

巻きスピードでアクションを変えて探っていっても面白い。
ビースウェイといえば新色が発売されますね、私はレッドヘッドが気になります。
個人的な感想ですが、新しく発売されたビースウェイの形状や動きに新たな発見が…
スウェイの魅力が増してる感じ!?手に取って試して確かめてみて下さい。

そして7月、サーフでもアジやサバ、ワカシやショゴの回遊があったりタコやイカ等の軟
体も良く見られる様になりました。
サーフでの小型青物の釣りは皆ヒラメなどフラット狙いのゲストとして釣っている人がほ
とんどでジグも重くフックも大きすぎ。コンスタントに釣る人はやはり軽いジグを使って
いたりして、13g、19gのメタルマルやバイスライダーなどが有効です。
それに40cmUPのヒラメやシーバス等でも胃の内容物を見るとマッチ棒の様な大きさのシラ
スを食べている事がありフラットフィッシュも充分に狙える。
フローティングベストさえあれば短パンサンダルでの釣りが気持ち良いこれからの季節、
ライトタックルでサーフの釣りも海況や距離の問題をクリアすれば楽しめると思いますよ

河口域や堤防近く、テトラ帯など波をかわして魚が近くにいそうな場所が良いでしょう。

今回のコラムもワカシやサバ、アジのサーフショアの釣りをレポートする予定でしたが、
状況があいませんでした。
そんな時は無理せず砂浜を歩いてうち上がった漂流物を観察したりするのも楽しいもので
す。
洒落た言葉だと「ビーチコーミング」なんていったりしますが、定番の下ネタ系からロマ
ンチックな恋のおまじないまで様々なものが発見できます。シーグラスと呼ばれる角の取
れたガラス片を採取すれば乙女チックな気分になれるかもしれません。
でも大概のモノはゴミです。釣り人が出した物もありますが日常生活で出たビニールやペ
ットボトル等が多く市街地の物が川から海に流れ込んでいます。街をきれいにする事は海
を綺麗にする事につながると実感できます。

他には生きている方からお亡くなりになった方まで生物も良く観察されます。
イワシやサッパなどが何者かに追われて打ちあがったりする事もありますし、寄せ波にあ
わせて丸々としたボラが自分に向かって飛び出して上陸して来てびっくりした事もありま
した。
干潮時に少し掘ればハマグリ、ハタミ、ナガラミ、ツメタガイ等の貝類も豊富。少し頂い
て晩酌の肴にお世話になりました。

5月には絶滅危惧種の世界最大級のオサガメという2mものカメが打ちあがりニュースにな
りました。残念ながらお亡くなりになっていましたが、こんなのが身近にいるとはワクワ
クします。
カメといえば遠州灘はアカウミガメの産卵地。6月の終わりの朝にも釣り仲間がウミガメ
の産卵に遭遇して写真を送ってくれました。
ウミガメの産卵に遭遇している人は私の周辺では少なく無いです、自分もママさんに出会
ってみたい・・
ウミガメの問題で良く言われているのが海に漂うビニールなどのゴミをクラゲと間違えて
カメが食べてしまい死んでしまうという事です・・・

私が釣りにいく海岸でもゴミだらけの所もあればゴミの無い綺麗な所もあります。
その違いはゴミを拾っている人がいるかどうか。
ゴミの無い所は地元サーファーが月一回行政と連携してビーチクリーン活動をしている所
もあります。ゴミ袋の手配やゴミ回収は市が行っていて参加者の負担も減るし参加へのハ
ードルも下がります。
ユーザーと業界と行政、それぞれ実際に行動する事には高い壁があって、環境を守る為定
期的に継続して実践しているこの活動は成功していて素晴らしい事だと感じました。
私は偉そうな事を言える立場では無いですが、釣りの世界でもこのビーチクリーンみたい
な文化の様なモノが定着する日が来ればいいなぁと思いました。

話がとっ散らかってしまいましたが、以上が7月のモニターレポートです。
ありがとうございました。


ぱるます(村瀬)
BLOG【ぱるます lure fishing】
http://palmas.blog.jp/



───────────────────────────────────────
■ 新製品紹介
───────────────────────────────────────
★ 13SWAY新色
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
価格:¥800(税別)
サイズ:50mm
ウェイト:10g
新色:07 ピンクイワシ/08 レッドヘッド/09 プラチナグリーン

スウェイアクションが特徴のメタルバイブ『13SWAY』に新色が追加し、
今月出荷開始します。
既存カラーも同時に出荷となります。


★ 虹虹スニーカー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雨の日も快適な履き心地!
虹虹スニーカー新登場!!

<スペック>
価格:OPEN
サイズ(cm):24, 25, 26, 27, 28, 29
カラー:WHITE, BLACK, NAVY


★ OVER SHOES (オーバーシューズ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あのオーバーシューズがリニューアルして新登場!
探されていた方、お待たせしました。

・ワンタッチ着脱でグリップ力UP!
・持ち運び&コンパクト収納!
・様々なシューズ・サイズにフィット!


<スペック>
価格:OPEN
サイズ(目安):S(22~25cm)、M(26cm~29cm)
カラー:BK(ブラック)

※目安サイズについて:靴の形状・厚み等により異なります。



───────────────────────────────────────
■ お知らせ
───────────────────────────────────────
★ 魚種限定解除CUP2017春
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『魚種限定解除CUP2017春』多数のエントリーありがとうございました。
近日結果発表!お楽しみに!!



★ ホームページ、SNSの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。
製品情報は、ホームページへ。
ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」がポロッと登場するこ
も。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : http://twitter.com/#!/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13


★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。(ロッドやルアーなどのフィ
ッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/


------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。


※本メルマガ「BREADEN TIMES」は写真等を沢山含んだメールマガジンとなっております。
写真および画像はHTML版でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2017 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━