バックナンバー

BREADEN TIMES vol.029

2014/03/13 (Thu) 13:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol029/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2014.03.13 Vol.029 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷
13TIMES 2014年3月13日号…春です。

2月初旬のFISHING SHOW OSAKA 2014を皮切りに、全国各地で釣具展示会ラッシュ!同業他
社さん含め旅芸人の様な生活が2~3ヶ月続く釣具業界です。
BREADEN社も大阪、名古屋、高知等出展させて頂き、沢山のアングラーの皆さんとお会い
する事が出来ました。
ご来場頂きありがとうございます。

各地のショーの合間を縫う様に、販売店向けの新製品受注会も多数開催されます。そして
、今月末はパシフィコ横浜にてJAPAN FISHING FESが盛大に開催されます。来年は2月初旬
開催予定…春先の横浜ショーは今年が最後?の様です。関東エリアのアングラーさんと会
える貴重な機会…皆さんにお会い出来るのが楽しみです。

13styleDVD最新作【OFFSHORE LIGHT GAME】近日発売!
この最新作DVD、見どころは沢山有るんですが…幾つかご紹介すると…
先ずは、2014年新製品のMetalmaru28gが付録として付いて来る事!…今や大人気!魚種限
定解除ルアーMetalmaru。日本国内で最も多く出荷販売されているモンスタールアー!そ
のMetalmaruの新製品28g!ライトゲームの域を限定解除して、ライトショアジギな魚種も
ターゲットにしてしまいます!
そのMetalmaru28gが、この新作DVDに付録されます!もちろん価格はこれまでのシリーズ
同様の据え置き価格!!
増税だけでなく、材料、燃料…と一気に加速しているインフレ日本、そんな事関係無く価
格は据え置きます!DVDではMetalmaruの操作方法や水中映像も収録!

是非、お試しあれ~!

そして、珍しく…裏方の私もケンサキゲーム案内人としてボンバーさんと共演しています
。私の人生最大体重のBREADEN MURAIが観れる貴重映像です。泣…現在はマイナス10kgで
す。笑。

更には、前回の13TIMESとFS大阪で発表しましたKissFM KOBE新番組"BREADEN”presents【
超越 A GO GO!】仮名~の骨格も具体化してきました。
初回放送は4月5日、時間は毎週土曜の8:00~8:55、サウンドクルーは人気SCリベカさんと
私BREADEN村井が担当!そうです…DJデビューしちゃいます~^^;

春の訪れと共に新たなチャレンジがいっぱいで、ワクワクドキドキな2014年春です!

皆さん、お楽しみに~!


株式会社READEN代表 村井 光一
BLOG【13 超越 blog】
http://blog.livedoor.jp/breaden13/

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷


───────────────────────────────────────
■ レオンコラム
    レオン的ライトゲーム考 その23 「ライトリグの歴史2」
───────────────────────────────────────
 タイトルがちょいと大袈裟すぎる嫌いもあるのだが、メバリングが一部のコアなアング
ラー達の手によって開花してからすでに20年以上という月日が流れた。僕にしてもはじ
めてスプーンやスピナーでカサゴやメバルを釣った日は記憶が曖昧であるが、必死に己の
年齢と釣り具の歴史を遡って換算してみても35年は経過してしまっている^^;

 そこで普段雑誌などで書く事の無いライトリグの変遷をこのメールマガジンのコラムで
書いてみよう(整理して)と思い立ったわけだが、いざ書くとなると写真その他の資料が
全く無い事に気がついて愕然(笑)情けない話だ。まあ、当時はそんな事を意識するはず
も無く、ただただルアーで海の魚が釣りたくて興味と意識の方向が向くまま、内外のルア
ーマンから聞いた話や見せられたものを実践して結果を出す喜びに集中するだけだからノ
ートを取る事も写真を撮る事も無く、資料になるものなど一切無いのは致し方ないのかも
しれない・・・。まあそんな事でもあり、歴史を証明する事が目的であるはずも無いので
、つたない記憶をたどりながらわずかにウエブ上に残っている日記と見比べて今後のライ
トゲームの発展や釣り具のプロダクトに役立てて行けるヒントが得られればと思っている
わけだ。

 そいうわけでブログKeep Casting(*1)を開設した際に、それ以前の自身の釣り日記を健
太郎君のホームページめばるing(*2)から移行させたものを改めて古いものから読んでみ
た。といっても一番古くても2002年からの記述しか無く、この頃仲間内はすでに現在
のメバリングスタイルのほとんどが確立されていたし、とても黎明期と呼べる時代の内容
でもないのだがそれでも非常に懐かしいし、自身アングラーとしての当時の精神状態やつ
たないスキルが垣間見えてとても面白い(笑)

 そんな中からルアーで初めて尺メバルを釣った時の日記(*3)を発見できた。

 いまでは尺オーバーを釣ったとしてもサイズ自体にはさほどの感慨も興奮も無くなって
しまい、新メソッドや新プロダクトで釣った時か取材記者のカメラの前で釣れた時にしか
その喜びと興奮を得られないという、なんとも不感症不感動不健全な駄目釣り師に成り下
がってしまったが、自分がイメージして作ってもらったメガメバル用カスタムロッド(*4)
と友人のポッキンが作ったプロトのメバキャロシンカーを使って釣れたこの二匹の尺メバ
ルには本当に心が震えたものだった。そして同時に30年以上も昔に木原師匠(*5)や先輩
から言われていた言葉も思い出した。

 『加来君、夜に磯場へ行けば尺メバルは釣れるが危ないから絶対行くな』
 『メバル釣りの醍醐味は足場も良く、そしてうららかな春の堤防でこそ味わえる』
 『小さな大物がメバルの真骨頂であるし、他のどんな魚よりも瀬戸内のメバルの方が奥
深い釣りの神髄を味合わせてくれる』
 『我がクラブの対象魚がメバルである事の本質を学びなさい。危険を冒してまでやる釣
りはクラブの信条に背くものである』
 『荒磯、剛竿で釣る石鯛も、堤防、細竿で釣るメバルも、道具を合わせれば同じ興奮と
醍醐味が味わえる』

 おおむねこんな意味合いの言葉を幾度と無く聞かされていたが、思えば僕の現在のメバ
リングスタイルにはコレが未だに大きく影響している。行けば尺が釣れると分かっていた
山陰島根の磯・・・。述べ竿から本格的にルアーロッドに持ち替えてからこの日までの約
10年間で一度も行かなかった一番大きな理由はそこであるし、その後の2~3年はブリ
ーデン社との出会いもあってDVDロケなどデカメバルを釣らざるを得ない状況下で何度か
通いはしたが、仕事絡みでよほど必要に迫られない限り現在では夜の磯場へ行く事は全く
無くなってしまった。

 結局の所、出発点が到達点である事を今更ながら身に染みて自身に言い聞かせている。


 図らずもメバリングやアジング隆盛の口火を切りもしたし、メディアに出ての牽引も確
たる認識の元にやってきたが、師や先輩達のようにジャンルを開いたアングラーの一人と
してその責任を負う所も考えなければならない。したがってここ数年僕がメディア上でメ
バルを釣る姿のほとんどは足場が良くて明るい漁村の堤防だ。現在では様々な問題で漁村
や漁港での釣りが難しくなってきてはいるが、メバリングやアジングの本来の楽しさや難
しさを満喫させてくれるのはやはりそういった場所であるから、内外共に様々な努力で万
難を排してこの道を全うしたいと考える昨今だ・・・。

追記:参考文献 
残釣独白(*6)
このかたの記述は大変面白い。

各地のメバル釣りの形が簡潔に紹介されているし、我が師木原名人の安芸流に関する記述
もある。というよりウエブ上では僕の記述以外はこれしか見つからなかった・・・。

「安芸流は、広島在住の木原義雄という人が、「にはんのつり」という題名で「関西の釣
り」誌にずっと連載記事を書いていておられた、その釣り方です」

「この釣りのコツは、小さなオモリで底がとれるかどうかにあり、底をとる練習をしなさ
い、というのです。オモリが底についたかどうかわからない勘の悪い人は、この釣り方を
あきらめなさい、とも書いてありました」

一部抜粋しましたが、懐かしくも面白い話です。あきらめなさいってのが良い(笑)

まさしく今のメバリングやアジングの原点は広島から産まれた安芸流が源流であると確信
する一節でした。

*1:http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/
*2:http://ww5.enjoy.ne.jp/~fantic/
*3:http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/archives/14649878.html
*4:http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/archives/15103402.html
*5:http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/archives/52627262.html
*6:http://www5e.biglobe.ne.jp/~zanchou/d2-meb.htm

LEON(加来 匠)
BLOG【Keep Casting, all for by LEON.】
http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/


───────────────────────────────────────
■ 尺めばるハンター -TSUU-
───────────────────────────────────────
「時合い?地合い?」

BREDEN TIMESをご覧の皆様。こんにちわ。BREADEN FIELD STAFFのTsuuです。

まず最初にお礼から。
2月のフィッシングショーOSAKA2014、そしてつい先日のTHE KEEP CAST NAGOYAにお越し頂
いた皆様。本当にありがとうございました。たくさんの方々とお話しさせて頂いて、なに
か僕の方が教えて頂く事が多かったですね。どちらかというと自分一人の狭い世界で釣り
をしてきましたから、なるほどそういう考え方もあるのかと、とても勉強させて頂きまし
た。深くお礼を申し上げます。

さて。
この冬の越前海岸。積雪は記録的に少なかったのですがお天気は悪く気温は低く、海も荒
れる事が多かったですね。アフタースポーンのメバルの難しさと相まってなかなか厳しい
日々でありました。
しかしそろそろ3月中旬。アフターからの回復期に入ってきたようで。先日、一瞬の凪を
捉えて入った越前海岸某ポイントにて良い釣りができました。
そこは沖磯を繋いで作られた防波堤の先端なのですが、水深があり潮流もあり、岩礁帯と
砂地が混在しているポイント。そして何よりその場所をアフター回復期のポイントにして
いる要因は強力な灯りがある事。サーチライトのような広がりの少ない灯りがその防波堤
先端を照らしその沖まで光の道が延びているんです。この時期のベイトはアミやシラスや
虫系の名前も良く分からないものなど小さな浮遊系のベイトなんですがそれらはとても光
を好むんですよね。その周囲には明るい場所はほとんどなくてその場所にそういったベイ
トが集まってくるんです。回復期のメバルはまだ体力がありませんから簡単に食べられる
浮遊系のベイトを主食にします。で、メバルも集まってくると言う事。
ただそうは言ってもその日。最初はとても渋かったんです。強い北風が吹き続け、打ちた
い方向は完全な横風。時間を掛けてdeepを探ってぽつぽつ拾っていくような釣りがしばら
く続いたのですが、吹き続けた北風がぴたりと止まったタイミングでうわぁーっとメバル
が浮き上がってきました。水深10mの2mレンジ。小さなものを食べているのであたりは極
微。あたりが小さいのは活性がないからではなくてただそういうものを食べているから。
高活性の小さなあたりでした。BREADEN protowormのテールだけをくわえるあたりを我慢
して、そのままリトリーブを続けくわえ直してくれるのを待ちました。GRF-TE68usemouth
の繊細なティップがその作業をオートマティックにやってのけて怒濤の40連発でした。
連発を続けるコツはバラさない事。いっぴき一匹に集中して大切に釣っていく事だと思い
ます。このロッドはメバルの挙動や考えている事がそのまま伝わってくるような感度を持
っています。それが集中力を繋いでくれました。
で。「じあい」のお話。
この日のように釣れないタイミングからいきなりあたりだす事を「じあいが来た」って言
いますよね。
この「じあい」。釣りに関する紙媒体を見ていると「時合い」と「地合い」のふたつの表
記があります。一体どっちが正しいと思いますか?
「時合い」という言葉は本来日本語には存在しないのですが釣り用語としては存在する事
になっています。よく釣れる時間帯の事。ならこっちが正しいんだろうという意見もある
かと思うのですが、もう一方の「地合い」の意味を考えるとそうも言えないなと思うんで
す。
「地合い」は古来からある正しい日本語。色んな意味があるんですが最も良く使われるの
は証券業界。つまり株取引。
例えばアメリカの景気動向の数字が予想よりも良かったとか、円安が進んだとか、石油の
値段が下がったとか、株価が上がる好材料が揃って市場が活況を呈する事を「地合いが来
た」「今が地合い」とか言うんです。株価が上がるための場の条件が揃う事をそう言うん
ですね。
これって釣りにもそのまま当てはまらないでしょうか?メバルというお魚とずっとお付き
合いして来て、経験を積んでくるとこちらの方が雰囲気にぴたりと合うんです。
メバルが急に釣れ始めた理由を「時間来たから」「よく釣れる時間帯だから」と考えてし
まうとそこから先に進めないと思うんですよね。今日21:00に釣れたからって明日も同じ
時間に釣れたりしないじゃないですか。釣れない理由が分からなくなるんです。釣れたの
は時間ではなくて、あくまでも「魚が求めているものとその場の条件が合ったから」です

株価で全面高ってありますよね。少々業績の悪い会社だとしても良い地合いに乗れば株価
が上がるんです。これを釣りに例えてみると、活性の高い状態であれば何のリグであれが
んがん食って来たりしますよね。さっきまではあんなにセレクティブだったのに。うそみ
たいに。
地合いを生み出すものには様々なものがあります。この日のように吹き続けた風が急に止
んだ。あるいは急に吹きはじめた。止まっていた潮が流れ出した。流れていた潮が止まっ
た、方向が変わった。雨が急に降りはじめた。降り止んだ。出ていた月が雲に隠れた。凪
の海に思い出したような波が数波押し寄せた。それら全てが魚の活性を変化させる条件に
なります。時間によって左右されたりしない地球の営みです。メバルは実に正直にそれら
の変化に反応します。
時間だと思ってしまったら漠然と時間を待つ釣りになってしまいます。それ以上深めよう
がないんです。しかしこれら自然条件が地合いを生むのだと言う認識を持てばそれを探し
ていく釣りができるんですよね。そしてお魚が釣れた理由が分かるようになるんです。自
分の釣りを深めていけると言う事。「釣れた」から「釣った」に進化する事ができるよう
になります。そこに面白さがあるんですよね。
自然の中の生き物を相手にするわけですから、僕たちアングラーも自然の条件を感じてシ
ンクロさせていかなくてはいけない。であれば「時合い」ではなくて「地合い」だと思う
んです。僕は「地合い」と表記します。


津田 弘臣
BLOG【星空☆Casting】
http://blog.goo.ne.jp/tsuu1025


───────────────────────────────────────
■ ハマっこツヨシ君 by 山口 剛
───────────────────────────────────────
みなさん、お久しぶりです。

フィールドスタッフ山口 剛です。
もうすぐ国際フィッシングショーですね。
会場にてお待ちしております!

【メバリング】
2月は雪が降ったり風が強かったりと安定しない天候が多い季節ですが、
そんな時は小さいバイトも確実に感じられるタックルを準備しておくと、釣れるだけでな
く、楽しさも倍増するのでオススメです。
今の季節、横浜ではバチ抜けも始まっているので、バチのいる場所(流れのヨレ等)を意
識すると釣果に繋がりやすいです。

【タックル】
上で少し触れましたが、わずかな変化も感じられるロッドとラインが重要なライトリグ、
私のタックルを紹介します。
 ロッド:GRF-TE68usemouth
 ライン:ブリーデンフィネスフロロ0.5号(2.6lb)
上記をメインに使用しています。

<GRF-TE68usemouth >
このロッドは2ピース(中央二分割)なので邪魔にならず、仕事の車にも積んでおけます
し、遠征でもコンパクトに収納でき、本当に便利です。
繊細なロッドなのにロッドの限界強度は驚異的!
ドラグ調整していれば不意の大物にも難なく対応できます。

<ブリーデンフィネスフロロ0.5号(2.6lb)>
ラインは、細くて強度があるものがベスト!水切れ抜群で風の影響も少なくなり、メリッ
トしかありません。ラインは良い物を使って下さい!
昨今、PEを多用される方も多いと思いますが、どうしてもノットを編むのが大変ですよね

一瞬の時合いを逃す可能性もあるので、そう言う意味でもフロロは強いです。
PEを多用される方も、替えスプールや別タックルでフロロも用意しておくと、チャンスを
逃さないですヨ。
【ここ最近の釣行】
先日は風が強かったのですが、川に行ってきました。(メバルもアジもベイトを追いかけ
て川(河口)に入ってきます)
流れのヨレにジグヘッドを流し込みながらボトム付近をリフト&フォール。(この時、リ
グをヨレに入れるためリールは巻いていません)
そのまま待っていると(リグがヨレに入ると)・・・「コッ」と小さなバイト!
このパターンで数匹釣りました。
流れの釣りで重要なのは「任意の位置にリグを上手く通せるか」です。
ヨレやレンジを把握できるタックルバランスでないと「釣れた」になってしまうのです。

次に繋がらない1匹になってしまうのです。
それって、やっぱ面白くないですよね。
1匹釣って魚の位置がなんとなく分かったら、次は狙って同じヨレより少し前を通します

それでアタリが出ないなら、最初の1匹は群の先頭を捉えていたということ。
最初の位置にもう一度流すのがベストです。
最初の1匹よりもっと潮上でまた釣れたなら、次はもう少し潮上を・・・
という感じで群れの大きさや位置をキャストごとに把握していき、その日その場所のベス
トを探っていくと、目に見えている以上のものが、アングラーには見えているはずです。


<ボートメバリング>
そんなお気に入りのTE68usemouthをボートメバルでも使ってみました。乗り合い船で6人
狙いましたが、僕以外はジグヘッドにワームでした。
僕は、もちろんミニマルで勝負です。
TE68との相性も抜群でレンジが分かりやすくワームに負けない釣果でした。
これは、ミニマルの強さですね。
ミニマル50は、シャロー・ノーマル・ディープと種類も選べるのでレンジに合わせて使い
分けてくださいね。
この時は、ノーマルがバッチリでした。
ミニマルはフォールでもリトリーブでも使える万能プラグです。
使われた事のある方が多いと思いますが、コレもオススメのプラグです。
この後、外道でシーバスを釣った時に感じたのが、TE68のロッドパワー!
以前レオンさんのブログでも紹介されていましたが、2.5kgをリフト出来るバットパワー
で対シーバスでも余裕のファイトができました。
これならボートでの尺メバル狙いに感度・パワー共に使えると思い、今シーズンのメイン
ロッドになっています。

TE68usemouth&フィネスフロロともに信頼のおけるタックルです。
自信を持ってオススメします!


山口 剛
BLOG【烏賊れた釣り日記】
https://www.fimosw.com/u/13tsuyoshi


───────────────────────────────────────
■ MOVIE 真冬のライトゲーム
───────────────────────────────────────

 2014年2月放送のルアー合衆国動画です。

 KAKKY氏による、真冬のライトゲーム。
 メタルマルでのデイゲーム、夜はアジング。
 和歌山でのライトゲーム、ご覧あれ!
 
 出演:KAKKY(岡澤 孝幸)
 場所:和歌山県串本町

https://www.youtube.com/watch?v=wEwR-mz0I_E


───────────────────────────────────────
■ 新製品紹介
───────────────────────────────────────

●DVD「オフショアライトゲーム」
------------------------------------------------------------------------
オフショアライトゲームDVD誕生!
【Metalmaru魚種限定解除ゲーム編!】
イワシが大量に接岸する秋の山口県岩国沖でLEONとINCHOがメタルマルと超越120を使い魚
種限定解除に挑む!
【ライケン・ゲーム!いれのり大爆釣編!】
北陸から火がついたライト・ケンサキ・ゲーム=ライケン。
今や全国各地に飛び火し盛り上がりを見せている。そんな中、ライケンのオリジネーター
であるBOSSとBOMBERが晩夏の島根県浜田沖でライケン・ゲームに挑む!ウネリが残る悪条
件の中、中オモリ仕掛け、エギマル2.5号過剰Dでの爆釣劇は必見!

そして、このDVDの初回プレスにはなんと発売前のMetalmaru28が特典として付いてきます
!!


───────────────────────────────────────
■ お知らせ
───────────────────────────────────────

●BREADENアプリV2リリース(iOS版,Android版)
------------------------------------------------------------------------
ブリーデンアプリがVersion.2になってリニューアルしました。

皆様ダウンロード、アップロードはお済みですか?

今回のversion.2での変更点を簡単に紹介致します。
・人気のフィールドスタッフブログは、2グループに分けました。
・Facebook閲覧ページができました。
・ブリーデンタックルでの釣果紹介ページ(13Gallaly)を新規作成。
・アプリ内で簡単に釣果投稿ができるようになりました。
投稿いただいた釣果は、上記13Gallalyで紹介させていただいております。

ダウンロードがまだの方は、こちらからどうぞ。

iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/breaden/id530487727?mt=8

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.duoapps.android.breaden



★ ホームページ紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。
製品情報は、ホームページへ。
ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」がポロッと登場すること
も。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : http://twitter.com/#!/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13


★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。(ロッドやルアーなどのフィ
ッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/

------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2014 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━