バックナンバー

BREADEN TIMES vol.040

2015/02/13 (Fri) 16:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol040/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2015.02.13 Vol.040 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷
2015年2月13日号。
皆さん、お元気ですか?
私はインフルエンザにも感染せず、何とか冬を乗り切っています。
地球温暖化はどこへやら??雪の降る日の多い寒い冬が続きます。ここ2~3年は自宅近
くでは万年氷が出来たり、幼少時代並みの寒さの周期が戻ってきているようです。

2015カタログ
お待たせしています新しいBREADENカタログは、数々の新しいルアー達やロッド、そして
機能や新しいスタイルを提案するアパレル群など各種新製品を掲載しています。ようやく
最終校正を終え印刷会社にデータ納品し、間もなく印刷完了する予定です。完成までもう
しばらくお待ち下さい。

13style-DVD NEW!「エギ超」間もなく完成。
エギング、ケンサキ、メバル、アジ、オフショア等々・・・数々の作品を制作してきた13
style-DVDシリーズに待望の新作を追加します。本作「エギ超」は、単に「大物を釣る」
「楽しい」だけのDVDとは一味も二味も違います。過去の弊社セルDVDでのアンケート感想
でも多かったご要望「離島でなく釣り人の多い場所での釣り方を見せて欲しい」「俺らが
通う激戦区での釣況を見せて欲しい」等々、現代のリアルなスタイルを求めるご意見が多
く、それにお応えする形での企画となりました。
 全国的にもエギング銀座で関西至近の和歌山紀伊半島、釣れているという情報があれば
一気に釣場は釣り人だらけ、そう簡単にはコンスタントな釣果を出す事は出来ません。そ
んな難題ミッションとして「エギ超」に出演し挑んでくれたのはショア侍JOEこと湯川マ
サタカ氏。過去の雑誌取材でも苦戦する釣況下で何とかアオリイカ釣果を引きずり出すな
ど、日頃から激戦区和歌山をメインフィールドに釣行する氏の激戦区攻略スタイルをカメ
ラが追います。
 全国のエギンガーの概念、スタンダードが変わる!居ないと思っていたポイントにもア
オリイカは居る!こんな釣り方で釣るのか?・・・と全国のアングラー、いや国内外のア
ングラーが驚嘆するテクニックでもあり、ハウツーとしても過去にない作品となっていま
す。
 あまりにも、これまでのPEエギング主流の釣り方と異質なスタイルもあり、私自身も最
初半信半疑?だった最新最強スタイル・・・アオリイカからすればアオリイカの心理?や
行動パターンを読んだ釣法でアオリイカには堪ったもんじゃない釣法と言えます。見て憶
えてあなたのフィールドで試す価値ありのDVDとなっています。

もうすぐ春イカの季節、大型メバルも狙えます!
くれぐれも安全釣行心がけて楽しんで下さいませ!!

それでは皆さん、ご機嫌な週末を~~!!


株式会社READEN代表 村井 光一
BLOG【13 超越 blog】
http://blog.livedoor.jp/breaden13/

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷


───────────────────────────────────────
■ レオンコラム
    レオン的ライトゲーム考 その34 「早春のメバリング」
───────────────────────────────────────
 春告魚と呼ばれるメバルですが、春の兆しが若干見え始める2月上旬~中旬が実はもっ
とも釣りづらいことは近年割合周知されつつあります。まあ地域差はあるものの、概ね例
年12月初旬から調子が上向き、お正月が明けて1月末あたりまでは産卵接岸した大型も
釣れる絶好機となるのですが、これが2月になった瞬間に急落して一体メバルはどこへ行
ってしまったのかと思うほどばったりと釣れなくなります。
 では、その釣りづらい時期にどう攻めれば良い釣りが出来るかという事なのですが、僕
の長年の観察による最大公約数的答えは「流れ」と「サーフェイス」の二つがキーワード
になります。まあ、僕は闇磯や闇ゴロタはやらないのでデータの蓄積は少なく、そういっ
た場所に多いアカメバルはこの際は除外して基本的にスタンダードな灯り付き堤防や港湾
施設で狙うシロメバルやクロメバルに限って話を進めて行きます。
 では先の二つの要素なのですが、あくまでも理論的に明快なものではなく、実戦におい
て好釣果が上がったケースの積み重ねです。「何故?」を考えるのも非常に大事で解明す
べく取り組んでは居ますが、効率を追い求めて行くと二つの結論が当面分かってきたとご
理解下さい。
 まず流れが大事だと書きましたが、激渋状況下において流れが停滞している場所に定位
しているメバルは産卵に関わらない仔メバルか、大型が居たとしてもそれは産卵後に体力
を回復させるために活発な食餌活動をせずに体力を温存するため流れが非常に弱い場所で
休んでいる状態であるためにとても釣りづらい個体となっていると思うのです。こういう
ポイントにおいて僕は流れのある場所だけ徹底して狙います。それはいち早く産卵を終え
て流れの中で追わなくても喰える流下ベイトを食べている個体を狙うためです。そしてそ
ういう個体は概ね大型が多い。
 そして次のキーワードであるのがサーフェイス(もしくはサブサーフェイス)なのです
が、まあ産卵期に限らずメバルの大勢的傾向である水面直下を流れてくる微小浮遊生物を
食べるという習性が、この時期最も色濃く出ると僕は思っています。待っているだけで頭
上を流れてくる小さなエサを食べ、体力が付くほどに仔イカなどだんだんとボリュームの
ある餌を追う(ダッシュが必要なのです)ようになるという順番なのですね。
 さて、ではこういう個体をどう狙うのかですが、僕のオススメはずばりサブサーフェイ
スを含むトップゲームです。そしてこのケースで釣りやすいのは決してワーミングなどで
はありません。ジグヘッドにワームではどうやっても水面直下のレンジを平行に流す事が
出来ませんし、仮にフロートリグを使ったとしても水面下10cmの世界を効率よく攻める
事は至難の業です。したがって僕の戦略はプラグオンリーとなり、サーチはサブサーフェ
イスを効率よく攻める事の出来るシュガーミノー50やリッジ35Fやジェイドを使って
アクションで見せておいて、そのあとは流す事でまず活性を見ます。そしてリッジに反応
が良ければサーフェイスを打つザラパピーやトーピードも投入します。これはより大型を
引きずり出すための僕の定番方式です。そしてシュガーミノー50やジェイドに反応が良
ければ今度はミニマル50シャローやミニマル65のドリフトに変えます。これも経験則
的にミニマルの方がより大型がヒットする確立が高いからです。これは微小浮遊生物では
なく、大型が明らかに仔イカや小魚などが潮流に押されて流れてくるのを狙っている事で
起きる結果なのです。したがってこのケースではクリアープラグより不透明かつリップが
無い事で生命感あるドリフトの演出が可能なウレタンボディのミニマルというわけです。

 2月下旬頃まではたしかに数釣りが難しい時期ですが、上記のイメージで取り組めば納
得の一本を手にする事も可能になりますし、してやったり感を強く味わえるゲームとなり
得るのです。ブリーデンでは現在これらの水面及び水面下の攻防をより確かにするアイテ
ムをスタッフの総力を結集して鋭意開発中です。フローティングペンシル、ペンシルポッ
パー、シャロークランク、シャローミノー、シンキングペンシルなどなど、どういう完成
形になるかお楽しみに!


<動画>
 付属動画は2月1日、メバル激渋の東京湾で行ったボートゲームですが、シーバスはと
ても元気で、バチが抜け始めたシーズンの先頭を上手く捉える事が出来、普段は大型シー
バスがあまり出ないターンカーバース橋桁の際や奥から見事ランカーを引きずり出す事に
成功しました。友人が・・・(笑)
 ともあれ、宣伝に過ぎると思われかねないVTRですが、うるさ方の遊漁船船長も太鼓判
を押す正味ぶっちぎりの強さを見せてくれたミニマル65+TE68~74のシーバスゲームをご
覧あれ。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=h7G1FJWpupE


LEON(加来 匠)
BLOG【Keep Casting, all for by LEON.】
http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/


───────────────────────────────────────
■ エギZのオフショア道
───────────────────────────────────────
皆様、遅れましたが明けましておめでとうございます。今年初のコラムになりましたBREA
DENフィールドスタッフのエギZこと横山です。

寒い冬ですが楽しい釣りされていますか?オフショアの釣りをメインとする私の住む石川
県は冬型の気圧配置になると海が時化て沖に出られないと言う日が多くなります。所詮は
私もサンデーアングラーの一人でありますから気象のタイミングが合わない海況にやきも
きする日も多くなりがちです(笑)
さて、そんな厳冬期ですがここ北陸で最も熱くさせてくれる釣りものと言えば富山湾のタ
チウオでしょう。私も年明け早々に、富山県の海竜マリーナから出る遊漁船「ドリーム1
さん」へお邪魔してきました。今釣行のメインはまだ皆様にはお見せする事の出来ない次
世代ボートロッドの感度や強度その他諸々を試す釣行です。ジグで釣る事ももちろん楽し
いのですが今回はそれより少し繊細な別名「ライトタチウオ」と称される餌釣りです。
簡単に釣り方を説明しますと、船長の指示棚へリグを落とし込み誘い上げます→前アタリ
~本アタリを見極めてフッキングし釣っていきます。そのアタリの見極めで最重要視され
るポイントはロッドの感度!それでしか本アタリを見極める事が出来ないこの釣りはある
意味かなり繊細です。言葉で表す事が非常に難しいのですが本アタリだけティップが若干
入り込む等、前アタリとは違ったアタリが出ます。そのタイミングでアワセを入れないと
上手く上顎にフッキングしないと言う釣りです。逆に言えば前アタリでアワセを入れてし
まうと延々と餌のみ取られてしまうと言う状況になってしまいます。
基本的なタックルはSWG-BG66Bケンサキに小型ベイトリール、PEは0.6号など夏のケンサキ
タックル流用で問題ありません。リーダーに少し太めのフロロ4号を結びシンカージョイ
ンターSサイズで吹き流し仕掛けの様にタチウオフックを付けて完成です。
この釣りの詳しい事はまた機会がありましたらゆっくりと説明したいと思います。

さて、今回あえて再度皆様にご紹介したいBREADEN Productは昨年秋にお目見えしたNEWレ
インウェアRAIN JACKET FISHING SP/eVent(フード無モデル)及びRAIN JACKET FOODY/eVen
t(フード有モデル)です。

その特徴としましては生地素材に国内フィッシングブランドとしては初のeVent生地を採
用している点です。この耳馴染みの無いeVentと言う生地ですが私も初めて袖を通した時
には特にこれまでのレインウェアと何も変わらない印象を持っていました。
今まで某アウトドアブランドのGORE-TEX製品を使用していて何ら不自由は見つけられなか
ったのが現状でしたし、あえて言うならメンテナンスが少し面倒かな?くらいでしょうか
?透湿性も、撥水性もまぁこんなものかな?これが普通でしょう。と・・・
そして実際にそのNEWレインウェアをフィールドで初めて着る機会を得た時の話しですが
、実は当日このNEWレインの着用前にゲリラ豪雨にあってしまい上も下もビショ濡れ状態
からこのレインを着る羽目になってしまいました。内心「あぁ~やっちゃった。これで今
釣行は蒸れて気持ちの悪い環境での釣りになるなぁ・・」と思っていたのですが、それが
なんと!!?船を走らせてポイントまで着く約1時間弱の間にレイン内部のビショ濡れだ
った服が徐々に乾いてきているではありませんか!それは思わず同船した友人のアングラ
ーさんに見せびらかした位です。

そう!eVentの驚くべき特徴その1は他に類を見ない程の「透湿性」。
前述通り、私はGORE-TEX製品を今まで使用していた訳ですがその時はさすがにそこまでの
透湿性は無かったですね。
しかしその透湿性の良さですが、逆手に取ってしまうとあまりにも空気の抜けが良すぎる
がために特に冷たく強い風が吹く厳冬期はインナーのレイヤリングを考えないと寒い。と
言う事にもなります。
特に私の住む北陸は厳冬期になると北寄りの強い季節風と共に冷たく水分の多く含んだ雪
が容赦なく降ります。オフショアの釣りをメインにしているために一度沖に出てしまうと
どこかで雨宿り!?なんて事はほぼ不可能です。
結果、私は厳冬期のみ某アウトドアブランドのスノー系ジャケットを使用しています。NE
Wレインは春、夏、秋の3季でメインにしたい(インナーを薄手で想定したい)ため少しタ
イトフィット感のあるサイズを使用しております。サイズの目安としまして今回NEWレイ
ンは市場に出回るUSサイズと概ね同じくらいのサイズと思って頂ければ宜しいかと思われ
ます。

そして特徴その2は「撥水性」です。正直今まで着用してきたレインに比べると撥水性能
は群を抜いて断トツの1位ですね。そしてその性能も割と長持ちする気がします。既に着
用いただいているアングラーさんからもこの評価は非常に高いです。

更に特徴その3は「SPフィッシング仕様」と言う点。
例を挙げると袖口にある調節用のマジックテープはPEラインが引っ掛かりにくい設計にな
っています。この細かい所の気遣いは本当に嬉しいですね。特に細PEラインを多用する事
の多いライトタックルをメインに使用しているアングラーには目から鱗な設計です。一度
ラインを引っ掛けてしまいますとその部分の強度が落ちてラインブレイクに繋がる事もあ
りますから。

そして私が一番気にいった最大の特徴その4「メンテナンス性」です。
正直、釣りに関しては割と細かい私ですがお恥ずかしい事にそれ以外は意外と無頓着な性
格です。今までGORE-TEX製品を使用していて一番面倒だった処理がこのメンテナンスです

透湿性生地素材は汚れてしまうとそれはGORE-TEX製であろうがeVent製であろうが撥水性
能は格段に落ちてしまいます。皆さんはいつもどうしておりますでしょうか?洗濯機で洗
って撥水剤に浸したり吹きかけたりしていませんか?自分では面倒だからとクリーニング
店へ持ち込み撥水加工を施したとか!??
私も今までは自宅で「○○WAX」等市販されている専用洗剤に専用撥水剤の2工程処理を
施しておりました。無精者なので多くて半年に1回程度でしょうか。この洗剤や撥水剤も
購入するとなるとなかなかのお値段がしますよね。
しかし、今回のNEWレインを着る様になってからはメンテナンスが非常に楽になりました
。eVentはきちんと汚れを除去することで、撥水性&透湿性をしっかりと復元してくれま
す。

ファスナーを閉め、液体洗剤(中性洗剤)を入れて洗濯機(弱流水)で洗って下さい。
その後しっかりとすすぎ(2回)を行なって下さい。(脱水はしてはいけません)
日陰で掛け干しして乾燥させればOKです。
このNEWレインを着用する様になってからは沖で急に雨に打たれても全く苦にならなくな
りました。そのくらいの快適性を備えたBREADEN NEWレイン。
お求めは「BREADEN OUTFISHING SHOP」から是非どうぞ!


エギZ(横山 修二)
BLOG【釣り・・・ときどき釣り】
http://ameblo.jp/egiz/


───────────────────────────────────────
■ DT'S LABO
───────────────────────────────────────
まだまだ寒い日々が続いていますけど、皆さんのフィッシングライフはいかがでしょうか


さて、今回のメルマガでは、最近の釣り方とこれから春にかけてのメバル釣りに関して少
し触れてみたいと思います。

<<アフター期の釣り方>>
最近の釣り方と言うか今時期のメバルは皆さんもご存知の通り産卵後のアフターな状態で
なかなか思うように釣るのは難しいのではないでしょうか、とは言えメバルも体力を回復
さえる為には餌を取らなければならない、しかし激渋状態の中で通常のルアーやワーム・
リグでの釣り方ではなかなか通用しない。
そこで過去にアフターの時期に1つだけ通用する釣り方を思い出したのでタックルも含め
て説明したいと思います。

ワームやジグヘッドの種類を替えハードプラグ等であらゆる手を尽くしても釣れず、そん
な状況の中ただ1つ釣れたもの、それはズバリ!カブラでした!ではなぜカブラにだけ反
応するのか私なりに考えたところ、産卵後弱ったメバルは体を俊敏に動かす事ができず大
きく口を開けエサ等追い回し吸い込むす力もなく、ただ目の前に漂ってくるスローで吸い
込み易い餌だけ捕食してると考えてみると、カブラを水に濡らすと天然素材特有の薄くて
ナチュラルな柔らかさになります、とてもシリコンワームやラバーでは真似出来ない柔ら
かさです、その特徴あるカブラこそが激渋ショートバイトのアフターメバルに効果絶大と
言う訳です。そんなカブラ使う為にもう1つ大事なこと、それは竿なんですよ~!感覚的
な問題なので慣れてコツをつかめば張りのあるチューブラーロッドでも掛けれますけど、
出来ればソリッドタイプの食い込みの良いロッド[TR68strange.TE68usemouth]等がオスス
メです!それとカブラだけでは軽すぎてキャスト出来ないのでこの場合スプリットリグで
対応します、ラインはBREADEフィネスフロロ1.5lbか2.0lbどちらか、13カブラ+13ライト
リグシンカーを使用して釣り場の状況に合せてカブラ号数やシンカーの重さを調整して下
さい、釣り方としてはキャスト後テンションを張ったままフォールさせてアタリを待つ釣
り方と、超デットスローで巻く釣り方の二種類です、コツとして即合わせは厳禁!アタリ
があれば聞き合わせをしてからしっかりフッキングさせましょう~。

簡単な説明となりましたけど宜しければ一度13カブラの威力お試しあれ!。

<<これから春にかけての釣り方>>
次に今から春にかけての釣り方としては、無難にジグヘッドワームでも狙うのもいいけれ
どど、やはりハードプラグでしょ!そこで今回は、サブサーフェス・トップウォータープ
ラグ(水面直下)アプローチの方法について紹介したいと思います。

それでは表層を狙う場合に重要となる餌と流れについて。メバルが表層でライズしている
場面ではどこもかしこでもライズしてるとは限らず一定の流れのレーンを潮上に前後しな
がらライズしています。一見大きな海峡部など一本の流れのように見えますが、その中に
は何本もの流れが存在して、その何本かの流れのレーンに餌が乗って流れてきます(アミ
類・子イカ・小さなベイト)。ですからライズしてるレーンを外すと全く釣れないと言う
事になってきます。そこでアプローチ方法としては、まずライズしてるメバルの位置を見
つけたらそのライズしている潮上へルアーをキャスト後は自然と流れ(レーン)に乗せて
やれば釣れると言う訳ですが、実際そんなに簡単には釣らせてもらえないのが現実。メバ
ルがライズしているのにも関わらずルアーに全く見向きもしない!何故でしょうかね~?

実はですね~特にアミ類が餌のときよく起こりがちなのですが、表層から水面直下ほんの
数センチのレンジの差で全く食いが違うんですよ!例えば同じ様なトップウォーターペン
シルにしてもボディーが完全に浮いて見えるものと少し水に沈んで背中だけ見えてるもの
、そんなわずかな違いだけで、全く釣果に大きな差が出るくらい実はレンジにシビアだっ
たりします!!だから面白いんだけどね~^^逆にそんなシビアな釣りだからこそ餌のレ
ンジにルアーをドンピシャ同調させてやるとワンキャスト・ワンヒットなんて凄まじい釣
れ方しますよ!
それでどんなルアー使えばいいのかって?沢山あるけど、このサブサーフェスで使うルア
ーには、メバル専用マイクロプラグなど含めて同じ種類のものでもFフローティング、SP
サスペンド、Sシンキング等、だいたい3タイプあると思います、トップならペンシル、ポ
ッパー、マイクロクランク、ミノー、シンペン、ミニマルシャロー等それぞれ多種多様に
揃えていざというときの引き出しは多いほうがいいかと、専用ルアーにこだわらずバス用
ルアーなど流用したりと自作でチューニングしたりと楽しむのも面白いし、意外とよく釣
れたりしますよ!

大ざっぱで手抜きな説明でしたけど、以上を参考に皆さんメバルシーズン堪能してみて下
さい、ではまた次回よろしく。


DT(高原 英明)
BLOG【13mebadrtのブログ】
http://ameblo.jp/13aji-meba-drt/


───────────────────────────────────────
■ MOVIE 冬の大型アオリイカ回遊狙い
───────────────────────────────────────

 2015年01月放送のルアー合衆国動画です。

 ショア侍JOE氏による南紀の大型アオリイカ狙い。
 冬の大型アオリイカをどのように狙うのか?
 是非、参考にしてください。

 出演:ショア侍JOE 湯川 マサタカ
 場所:和歌山県 串本町、すさみ町

https://www.youtube.com/watch?v=Ppb2tMkmTSE


───────────────────────────────────────
■ お知らせ
───────────────────────────────────────
★ めばるingダービー 2014-2015
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
めばるingダービー2014-2015は、昨日(2/12)を持ちまして終了しました。
多数のエントリー、心より感謝致します。

近日中にブログにて結果発表しますので、お楽しみに。


★ BREADEN presents 「超越 A GO GO」 ~Kiss FM KOBE~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大人の遊び方を提案する番組「BREADEN presents 超越 A GO GO!」
毎週土曜日好評オンエア中!!

放送局:Kiss FM Kobe
ON AIR:毎週土曜 8:30~8:55
SOUND CREW:RIBEKA BREADEN村井

毎週土曜の朝は、ブリーデンのラジオで決まり!!


http://www.kiss-fm.co.jp/choetsu-a-go-go/


★ ホームページ、SNS、アプリの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。
製品情報は、ホームページへ。
ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」がポロッと登場するこ
も。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : http://twitter.com/#!/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13

また、スマートフォン用アプリはこちらからダウンロードできます。
iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/breaden/id530487727?mt=8
Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.duoapps.android.breaden

★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。(ロッドやルアーなどのフィ
ッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/

------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2015 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━