バックナンバー

BREADEN TIMES vol.050

2015/12/14 (Mon) 18:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol050/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2015.12.14 Vol.050 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷

13TIMES 2015年最終号です。

暖冬?まだまだ暖かい日が続く今年の冬ですが、気付けば2015年もあと少しで終わり
です。
今年一年、BREADEN TIMESにお付き合い頂き ありがとうございました。
また、BREADENブランドをご愛顧頂き ありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

皆さん、今年はどんな一年でしたか??
少し早いですが、私も2015年を振り返ってみます。


◯ BREADEN社として・・・
当初の予定通り、BREADEN社にとっての2015年は「モノ作り元年」。
お祭り騒ぎのイベントやアピールプレーを控え、商品企画開発~生産体制の向上を最優先
してきた一年でした。その甲斐あって新製品、新ジャンル品など、「種まき」していた企
画の収穫(リリース)という成果になって現れてきています。イベント出展が為に、商品
企画や開発の時間と労力を犠牲にしてきた部分が、過去数年急増していた事に焦燥感と違
和感を感じていましたが、私個人的にも色々あった昨年2014年に色々と考え、改めて
初心に還り釣具ブランドとしての「本質の追求」を見つめ直し、2015年は思い切って
フィッシングショーなどの各イベントの出展を見送り、好評だったラジオ番組やテレビ番
組も一旦終了し、モノ作りを最優先しました。この方針は単年でなく、継続的に・・・少
なくても3~5カ年以上は集中キャンペーン的にモノ作り強化の計画とします。その間に
商品ラインナップや生産体制が理想に近くなれば、再びイベント等で皆さんにお披露目す
るでしょう。
 そして、BREADENブランドに対する海外需要が急上昇した年でもありました。


◯ 釣りの想い出・・・
・恒例夏のケンサキゲーム。先頭に立ってその魅力を提案してきましたが、すっかり全国
的な人気の釣りとして定着しつつありますね。
・アジングをはじめ、ショアからのライトゲーム全盛。社会的背景(実質不景気、高税率
社会他)のせいもあり、無駄を嫌い質素で実質を求める心理から、身近でゲーム性が高い
遊びを楽しむ傾向があるようです。
・海外での釣り。昨年までも色んな国、色んな地域で釣りを体験してきましたが、今年も
国内外各地やタスマニア島や香港、中国など、様々な地域での釣りを経験し、BREADENル
アー達が場所を選ばず絶好調に釣れまくり大充実した一年でもありました。

釣り物の多い秋シーズンは晴天に恵まれ続け、皆さんも釣りを満喫する機会の多い一年に
なったのではないでしょうか?


◯ 今年最後に・・・
今年も皆さんに色々と支えて頂き、何とか無事に過ごす事が出来ました。ありがとうござ
います。
来年2016年は更に、新たなチャレンジに取り組んでいく事になります。それら新しい
チャレンジや新しいプロダクトが公開される日まで引き続き楽しみにお待ち下さいませ!!

それでは、皆さん、
ゴキゲンな年末年始を~~!!
超越 A GOGO!!~~~~!!


株式会社READEN代表 村井 光一
BLOG【13 超越 blog】
http://blog.livedoor.jp/breaden13/

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷


───────────────────────────────────────
■ レオンコラム
    レオン的ライトゲーム考 その44 「釣りの科学フック編」
───────────────────────────────────────
はじめに
※文中に(1)~(9)の番号がでてきますが、これは写真の番号です。
画像は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol050/ でご確認ください。


 今回はフック考です。アジングやメバリングで使用するシングルフック(ジグヘッド)
やトレブルフックを選ぶ際に「何を基準にするのか」と言うことを考えてみます。

 まずジグヘッドで3種類の違うタイプを見てみます。フックポイント(針先・力点)の
ラインアイ(支点)に対しての角度を見て下さい。

(1)はODZのアジング用で、いわゆるオープンゲイブで針先はラインアイより外へ向かって
います。
(2)はSmithのたけちゃんですが、こちらは逆にフックポイントがラインアイ方向へ内向き
に角度が付いています。
(3)はBreadenのキラーダートですが、こちらは中間でシャンク(軸)に対してほぼ並行で
す。

 さて、これらの違いを単純な「善し悪し」で判断するのではなく、実際、アジングやメ
バリングに際してどう変わってくるのか?どう使い分けるのか?と考えてみます。

 まずこのフックポイントの角度で知っておかねばならないのは、「刺さりやすい」「刺
さりにくい」ではなく、ターゲットのサイズや使用するタックルのタイプやパワーで善し
悪しはまったく変わってくると言うことです。

 たとえば(1)のオープンゲイブは針先(力点)が開いているわけですから、力が加わると
針先は必然的により外へ向かい、ゲイブが伸びて開く事になります。では悪い針なのかと
いうと、アジの15~30cm位を釣る場合、釣りの性質上0.6gなど非常に軽いリグを使
用することが多く、ラインも1~2ポンドという細糸を使用します。つまり口切れしやす
い魚であることも含め、必然的にドラグセッティングは非常にゆるめにする釣りですから
開きやすいオープンゲイブでもデメリットは出にくいということなのです。それよりもフ
ォール時バイトの当たり感知がどうしても遅れがちになり、リグを吐き出すことの多いア
ジに対し、外向きのフックポイントで針先を乗せたままやりとりして徐々にゲイブの奥ま
で差し込むタイプの針です。

 (2)の場合はメバルの口の構造を良く研究されているフシがあり、咥えたままリグをあま
り吐き出さないメバルを、反転でほぼオートマティックにフッキングさせるために歯列の
内側の肉を縫う様に設計されているようです。

 そして(3)はストレートポイントタイプで、いわゆる「貫通力」をかなり意識した設計で
す。メバルは25cmを超え、30cmにも達すると歯列の幅も広く、アゴの骨も非常に
硬くなってきます。特に磯の大型メバルを狙う際にはドラグが使えない釣りとなるのでア
ゴの骨を貫く「貫通力」が何より大事になります。こういう釣りでキャッチしたときにフ
ックがポロリと外れるのは、フックタイプとロッドの強さやドラグ調整などの組み合わせ
が適正では無いと言うことなのです。

 今度は三種のフックを違う観点で見てみます。

(1)aの写真でおわかりでしょうが、オープンゲイブは力点が外へ向かっているために当然
、作用点(解りやすくするためにひとまず作用点と呼びます)に負担が大きく掛かって伸
びやすくなります。そして「力点」は深く刺されば作用点方向へ移動しますので刺さるほ
どに伸びにくくはなります。ちなみにこの図の作用点はフック形状により深く刺さった場
合に力が掛かる「最奥部」でもあります。(2)aでは(1)より作用点が深くなり、(3)aではさら
に深くなって「非常に伸びにくいゲイブ形状」となっているのがおわかり頂けるでしょう
。まさしく大型メバルも意識して作られたジグヘッドなのです。

 つまり、これらの形状の違うフックはそれぞれの目的が明確にあって作られたものだと
いう事なのです。

 では、次はトレブルフックで見てみます。

(4)はミニマル用フックでわずかにオープン気味です。これはフロントバイトやリアバイト
に対し、遊んでいる方のフックポイントが外掛かりしやすい設計です。なぜなら、ナチュ
ラルフォールやドリフトやスローリトリーブで誘うことの多いメバルプラッギングでは、
ジグヘッドの様に瞬時に貫通させるような釣り方にならないからです。こういうケースで
はしなやかに曲がるロッドで反転させて暴れさせた方が逆にキャッチ率は上がるのです。

(5)(6)はメタルマル用フックですが、こちらは逆に若干内向きのフックポイントになって
います。プラグ用との違いは、メタル系ルアーの場合はおおむねジャークなど、ある程度
スピードのあるアクションの最中にヒットが訪れますので、こちらは当たった瞬間に一気
に骨を貫通させるのが目的です。

 最後はまた少し観点を変えた見方です。

(7)は左側が渓流用の細軸ファインワイヤーで右がソルト対応のミニマルフックですが、
細軸・内向きの利点がもう一つあります。細軸は当然曲がりやすいのですが、フックポイ
ントが硬い骨に当たった場合に逸れて曲がって、「自ら貫通しやすい場所を探す」という
現象が見られるようです。結果として、歯列の細い隙間に入ったり、顎の内皮を縫ったり
しているのはその現れだそうです(がまかつ釣り針研究室より)

 オマケですが、(8)は針先をネムらせて、フックポイントがつぶれたりルアーに傷が入ら
ない様に考えたものであり、(9)はムツなど歯の鋭い魚を釣る場合にリーダーの歯擦れを防
ぐ様に、「口の中を滑らせて唇のみに掛かる」様に工夫されたものです。


LEON(加来 匠)
BLOG【Keep Casting, all for by LEON.】
http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/


───────────────────────────────────────
■ Salty Cafe (Ride Column)
───────────────────────────────────────
こんにちは、フィールドスタッフの妹尾です。

12月に入り朝晩の冷え込みも本格的に冬のものとなってきました。
今年も残すところあと僅かとなりましたが、2015年皆さんのフィッシングライフは如何だ
ったでしょうか?思い出に残る記録魚を釣り上げられた方、釣果には恵まれずとも仲間た
ちとの釣行で楽しい時間を過ごせたという方、あるいは釣り場での出会いがきっかけとな
り新たな釣友が出来たなど素敵な一年を送られたのではないかと思います。
そして私の2015年も直接的にではありませんが、こうしてブリーデンタイムスやメディア
を通じて皆さんに関わることが出来き、有意義な一年でありました。また来年も引き続き
、少しでも多くの情報を皆さんに発信出来るように頑張っていきたいと思いますので、ど
うぞよろしくお願い致します。

さて今回は、いよいよ本格的シーズンインとなったメバリングにおける“ライド的ロッド
セレクト”についてお話ししたいと思います。

 皆さんがメバリングロッドを購入されるとき、数あるロッドの中から何を基準に選ばれ
るでしょうか?私がメバリングロッドを選ぶときに重要視している点は、使用ルアーとの
マッチングです。メバリングで使用されるルアーには、大きく分けてソフトルアーとハー
ドルアーの2種類があります。ソフトルアーの場合はジグヘッド+ワームを単体やキャロ
ライナリグ(スプリットショット・フロートリグ含む)で使用するわけなのですが、これ
らにマッチングさせるロッドはというと、0.5~1.5g単体には TR68ストレンジやTE68ユ
ーズマウスでメインラインはフロロカーボン。主に繊細なアプローチを必要とする食い渋
ったメバルに最適なロッドです。1~2.5g単体&スプリットショットリグではTR74エレク
トロかTE74フォーチュネイトをセレクトし、フロロカーボンまたは細番手のPEによりリト
リーブやドリフトで誘いをかけます。そして2~10g単体を使用したボトムワインドや遠投
フロートリグには、TX78MH激流モンスター/TR83ディープ/TX83peスペシャル/TR85&95
peスペシャルを水深や潮流、ロケーションによって使い分けしています。メインラインは
PEです。

 次にハードルアーですが、プラグ/鉄板系バイブレーション/メタルジグ等を使用しま
す。
メバル用小型プラグ(3.5~5センチ)やミニマル50シリーズにはTR74エレクトロかTE74フ
ォーチュネイト。メバル用中・大型プラグ(6~9センチ)では、TX78MとTR83ディープを
使用しています。プラッギングはアクションの付けやすさと魚のノリの良さを重視してい
ます。そして鉄板系バイブレーションとメタルジグには、TX83peスペシャル/TR85&95pe
スペシャル。まだ製品版では使用していませんが、ニューロッドのTX77デスポイルもディ
ープエリアでのメタルジグを使った大型狙いで活躍しそうな一本です。

 自分が通うポイントのシーズナルパターンとロケーション(水深や潮流)を把握して、
それにマッチしたルアーをチョイス。あとはそのルアーを思いのままに操れるロッドをセ
レクトすることさえ出来れば、おのずと釣果はついてくるものです。この記事が、少しで
も皆さんの参考になればと思います。

 では、良いお年と良い釣果を!!


RIDE(妹尾 和明)
BLOG【Salty's cafe by RIDE】
http://13-ride.blog.jp/


───────────────────────────────────────
■ Aonashi talks any.
───────────────────────────────────────
 メタルマルを使ったライトショアジギング、皆さん楽しんでおられると思います。そん
なライトショアジギングですが、GRF PEスペシャルでMetalmaru(メタルマル)を使ったブ
レードによるアプローチだけでなく、他のルアーによるアピールもできるようになってお
いた方が多くの状況に対応できるのではないでしょうか。
 今年発売となった「13SWAY(ビースウェイ)」、「13iSlider(バイスライダー)」、この
あたりはライトショアジギングにはもってこいのルアーとなっていますので、これらのル
アーの特徴を掴んでメタルマルを投げる時のバリエーションとして持っておいて釣果に繋
げて欲しい。そんなわけで、今回はこの秋発売になった新アイテムのメタルジグ「バイス
ライダー」について少し解説したいと思います。

<バイスライダーの形状>
バイスライダーの形状は特徴あるフォルムとなっています。

世の中にはかなり多くのメタルジグが存在していますが、おそらく今まで見たことないフ
ォルムになっているかと思います。
片側をナイフで削ったようなデザインで、重心が片側に寄っています。
この形状と重心位置により面白いアクションが生まれるわけです。

<バイスライダーのアイについて>
そして、表面と裏面の目玉の位置が反対についています。
これは、どちらのアイにもラインを結ぶことを想定しているからです。
「ラインを結ぶアイによって全く違うアクションができ、2通りの使い方ができる」
これがバイスライダーの特徴です。
これにより、両方それぞれに目玉がついており、フックもシングルアシストを前後に1つ
ずつ付けた仕様となっております。

<動きの違いについて>
実はパッケージの裏にラインを結ぶアイの位置による特徴の説明が書かれています。
【前方アイ】
リフト後にラインテンションを抜いて沈めると不規則なバックスライド発生!
食わせられなかった魚が思わず口を使う必殺スライドフォール。

【後方アイ】
ジャークで右に左に不規則なクイックダート!
タダ巻きでスライドローリングアクション。
フリーで落とせば木の葉フォールが弱ったベイトを演出。

既に使っていただいている方はご存じでしょうが、特にフォールアクションの差は顕著で
す。
先日、フォールの動画を撮ってきたので、ご覧ください。

<フォールアクション>
バイスライダーのフォールアクション動画を見る
https://www.youtube.com/watch?v=1r0x3JINQkY

いかがですか?
水の透明度が高くない場所での撮影のため、少しわかりにくかったかもしれませんが、全
く違うフォールアクションをすることが確認できたかと思います。
この特徴を頭にインプットしていただき、実際のキャスト~着底~アクション~フォール
を展開してください。

今回はバイスライダーについてのお話でした。最初にライトショアジギングという話で書
きはじめましたが、ハタ類を中心としたロックフィッシュゲームにもこういったメタルゲ
ームはばっちり合います!ですので、そういった釣りでも使ってみてくださいね。

<魚種限定解除CUP>
今回のコラムを読んで、バイスライダーを使ってみようと思ってくださった皆様、グッド
タイミングです!!
今月から魚種限定解除CUPがスタートしていますので、是非【バイスライダー賞 】狙って
みてください。
それでは、バイスライダーでの釣果投稿、楽しみにしています。


Aonashi Hiroyuki
BLOG【13luepearのねじ巻きブログ】
http://ameblo.jp/bluepear/


───────────────────────────────────────
■ MOVIE メタルジグ(バイスライダー)アジング動画
───────────────────────────────────────

 メタルジグ(バイスライダー)によるアジング動画です。
 ロッドアクション等参考にしてください。

 ロケ地:佐賀県
 出演:「ブリーデン」すなっぴー(関 素直)

https://www.youtube.com/watch?v=J2b5Af_T4fE


───────────────────────────────────────
■ 新製品情報
───────────────────────────────────────
★ SWG-SPECIMEN TORZITY
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SWG-SPECIMENシリーズにTORZITYシリーズ登場!!
・SWG-SPECIMEN76tiptop TORZITY
・SWG-SPECIMEN88swingtop TORZITY
76tiptop、88swingtopともに出荷スタートしました。

http://breaden.net/rod/specimen.html


★ GRF-TX77despoil
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
GRF-TXシリーズにTX77despoil登場!
ボトムやカバーにタイトに張り付いた魚をリアクションで食わせる"despoil/奪取"スタイ
ル専用設計。
出荷スタートしました。

http://breaden.net/rod/grf-tx.html


★ 13iSlider
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
両刀攻撃!が特徴のメタルジグ「バイスライダー」。
出荷スタートしました。

http://breaden.net/lure/13iSlider.html


───────────────────────────────────────
■ お知らせ
───────────────────────────────────────
★ 西脇市ふるさと寄附
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ふるさと納税/兵庫県西脇市のお礼の品としてBREADEN製品が選べるようになりました。

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/28213


★ 魚種限定解除CUP2015-2016 & モニター選抜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月より、『魚種限定解除CUP2015-2016 & モニター選抜』がスタートしました。
期間:2015年12月2日~2016年1月31日
ブリーデンの全ルアー&エギでの釣果を対象としていますので、
是非ご参加ください。

http://breaden.blog.fc2.com/blog-entry-396.html


★ ホームページ、SNS、アプリの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。
製品情報は、ホームページへ。
ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」がポロッと登場するこ
も。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : http://twitter.com/#!/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13

また、スマートフォン用アプリはこちらからダウンロードできます。
iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/breaden/id530487727?mt=8
Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.duoapps.android.breaden


★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。(ロッドやルアーなどのフィ
ッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/


------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2015 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━