バックナンバー

BREADEN TIMES vol.060

2016/10/13 (Thu) 17:00
このメールはHTMLメールです。
画像が見られない方は http://rss.breaden.net/mailmagazine/vol060/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

BREADEN TIMES 世界の釣りをCooool!にするメールマガジン
2016.10.13 Vol.060 (月1回発行/ブリーデン編集部)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷
ようやく秋晴れの日々が続く様になった10月、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今月の私のコラムも、釣具の事だけでなく日頃の身の回りの事など、この季節の出来事を
綴っていきます。

スポーツイベントに釣り、公私ともにイベントの多い秋ですが、今年の秋は前半天候不良
・・・9月は雨ばかりで予定されているイベントが無事に決行されるのか?ヒヤヒヤされ
た方も多かったのではないでしょうか?

私の地元・兵庫県西脇市もスポーツの秋。
運動会に秋祭り、駅伝応援・・・雨の合間を縫う様に開催されました。
小学校の運動会などは小雨~土砂降りとなり途中中断、続きは翌週の平日開催となりまし
た。コンディション不良や間延びした開催日、子供達が少し可哀想にも思いましたが、子
供達は悪天候など気にもせず元気いっぱいグラウンドを走り回っていました。
STAY GOLD! 若さって良いですね!私達も子供の様にいつまでも輝き続けていたいもの
です。

そして、今年で3年目となる好評イベント・・・播州釣針組合の事業「海釣り教室」。
こちらの海釣り教室も天気予報では雨・・・開催が危ぶまれましたが曇天の下、何とか開
催され、この機会を心待ちにしていた子供達や親子連れなど多数が参加されました。
日本海各地も今年はアオリイカが好調なのですが、今回の釣り教室のメインはサビキ釣り
・・・ターゲットのアジの方は夏以降低調との前情報通り、終始食い気は渋く参加者の皆
さんも苦戦されていました。回遊、数ともに少ないながら、ボトム付近で稀にヒットして
くるアジは25~30cmオーバーの良型揃い。しかし豆アジや小アジとは違ってそうそう
1091(入れ食い)とはいきません。非常に繊細でバイトもセレクティブ・・・坊主も
多い中、単発でしか釣れていません。そんな中、良型のアジを連発する女子小学生が1人
、釣り方やゾーン、仕掛けなど何かが違うはず?・・・とそっと近づきリサーチしてみる
とやはり・・・彼女のサビキ仕掛けは持参品。他の参加者が使用している当日配布された
サビキとは仕様が違います。
おおよその予想通り、同じスキンや皮、針のサイズでも、ハリスが一回り細い!!他のサ
ビキのハリスは0.6号~1.0号なのに対して、彼女のサビキのハリスは0.4号以下。ルアー
でのアジング同様に大型になれば警戒心も強くラインの太さが釣果に大きく影響してきま
すね。誰でも釣れる?ビギナーにも簡単なサビキ釣りですが、今回はそうも行かず・・・
参加者の皆さんの楽しんで頂けたのか?フラストレーションの溜まる釣り教室になってし
まったのではないか?色々と危惧したりもしましたが、釣りは自然相手の遊び。人生と同
じで良いときもあれば悪い時もある。だから釣れた時の喜びも大きい・・・と納得して貰
えるでしょうか?笑
しかし、近年のサビキ仕掛けとはこんなに太ハリスなのでしょうか??私も20年前は釣
針メーカーに勤務していて色んな仕掛けと関わっていましたが、3・4号の針に対して0.
8や1号のハリスはそもそも太すぎるのではないでしょうか??BREADEN社でも商品展開す
るアジングでもフロロカーボンラインなどの高性能化で、より細ライン化が進み釣果向上
にも直結しています。そういう観点でも現在のサビキなどの仕掛け類にも、もっとハリス
を高性能化したSPECIALなモデルがあっても良いのではないでしょうか?(私が知らない
だけで有る??)消耗品でかつ価格競争の厳しいサビキですが、そんなSPECIALを求める
ニーズもきっとあるはず。
・・・などと、小学生に釣り負けている?笑・・・大人達への弁明を探してしまった釣り
教室でした。次回は釣果リスクを回避する対策を強化して開催したいものです。笑。

そして、我が家のジュニア君、釣ってきた数少ないアジを自分で調理したい!と。お姉ち
ゃんが捌き方と調理法をYouTubeで調べて、弟君に指導しながら一緒に調理、私は手助け
せずに放置します・・・ミチロウも真っ青?のナメロウ。出来上がってみると意外にも美
味しかったですね~~!自給自炊styleのジュニア君、ナイスフィッシング!ナイスクッ
キング!!

先週の月曜の朝、出社してみると駐車場の奥に迷子犬君の姿が。ちょっと高齢の柴犬(雑
種?)で人間を警戒するでもなく、首輪は無いが飼い犬の様です。そしてこの迷子君、少
し弱っている様でもあり、ヨチヨチと歩きはするものの会社の敷地から出ようとしません
。そんなに遠くからは来ていないだろう・・・きっと近所の飼い犬ね?どことなく悲しそ
うな顔でこちらをチラ見してきます。その内に飼い主の元へと帰っていくとは思ったので
すが、何処へも行こうとしません。しかたなく町内の心当たりを数珠つなぎに捜索しまし
た・・・20数軒あたってみましたが該当はなく、FBにも迷い犬情報を掲載してみました
。が、手がかりはなく・・・翌早朝気になって会社に行くと座り込まずに立ち上がったま
ま居ます・・・一旦帰宅し、その後一時間ほどの間に何処へ行ったのか姿を消してしまい
ました。飼い主さんが情報をキャッチして引き取りに来たのか?ひょっとして近所にさま
よっていないか?探してみたんですが見つかりません。
実はその日は私の父親の命日。父は動物好きで捨て犬も可哀想だと飼って可愛がったりす
る人だったので・・・父の倒れた同じ日に迷い込んで、翌命日に姿を消してしまった迷い
犬君・・・偶然でしょうが色々と考えてしまって、迷い犬君のその後が気になります。飼
い主さん?無事引き取って頂いているようでしたら御一報頂ければ嬉しいです。

オカッパリスニーカー新作??
開発中の新しいスニーカー・・・まだ詳細をお知らせ出来ませんが面白い可愛いスニーカ
ーが出来そうです???
まだまだ手を加える箇所は有りますが、デザインはよりシンプルにまとめたいです。

エギマル、メタルマルなどに続き、店頭欠品してご迷惑おかけしていましたminimaru50
を出荷しました。
deepやshallow、65も引き続き生産中です。もうしばらくお待ち下さい。

水面下では、その他新製品も多数開発中です!!

そして、今月のBREADEN TIMESでは、全国各地のフィールドモニターさんのコラムをご紹
介しています。超越120で大型根魚とか???概念に囚われず各地のアングラーの方々
が熱く個性的なBREADEN styleを展開されています。是非御一読下さいませ~!!

私は今週、今期最後?のケンサキ釣行に行ってきます~~!!天気大丈夫かな???
皆さんもゴキゲンな行楽シーズンをお過ごしください!!


株式会社READEN代表 村井 光一
BLOG【13 超越 blog】
http://blog.livedoor.jp/breaden13/


÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷◆÷


───────────────────────────────────────
■ レオンコラム
    レオン的ライトゲーム考 その54 「Beバイブクエスト」
───────────────────────────────────────
 ビーバイブはいわゆる鉄板系ルアーです。ルアーに馴染んでいない方がもっとも手が伸
びないのがメタルジグやこのメタルバイブ。なにせ鉛や鉄だけで出来ているのでそう思わ
れのかも知れませんが、コレがまたメバルやアジが非常に良く釣れます。鉄板バイブは、
元々はヘドンのソナーなど米国のメーカーがバス用に作った物が発祥で、国産でも近年小
型魚用にモディファイされて幾つか作られていますが、僕がブリーデン社の釣り具プロダ
クトに参加するようになって真っ先に手がけたのがこのBeバイブです。

 全長3cmで自重4gの一口サイズのBeバイブには従来品とはまた一味違うエッセンスを
盛り込みました。それはメバルやアジに特化させ、ただ巻きでも釣れるようにスローリト
リーブで動きすぎないよう低重心にしてある事を始め、リフト時の強いバイブレーション
とフォール時のスーッと底へ向かう無波動のメリハリです。これがアジ、メバル、カサゴ
を強く誘います。2年掛かりで実釣&微調整を繰り返して完成させましたが、山口県上関
町などでのアジングテストや、他誌のアジング取材時にも同行者のジグヘッドワームに大
きく差をつけたり、ブリーデン社DVD【メバリングアカデミーLesson1】や【アジングア
カデミーLesson2】のロケ時にもどのルアーよりも良型を量産してくれて、僕のライトゲ
ームには欠かせない武器となりました。

 山口県平郡島で行われた【アジアカ2】のロケではサミーさんが僕とタンデムで出演し
たのですが、サミーさんはこの時の凄まじい爆釣劇からすっかりビーバイブの虜になり、
以降毎月のように名古屋から遠征する山口県の祝島において多大な成果を上げられました
が、その中でも特筆すべき釣果がありました。まあ、祝島と聞けば訪れたことのある方は
「あそこなら何を投げたって釣れるさ」とも思うはずですし、実際、何を投げても・・に
近い日本一のアジングパラダイスであることは間違いありません。しかしそんな祝島でも
激シブのタイミングは必ずあります。相手は生き物ですから当然なのです。
 で、くだんの日にサミーさんはお友達5人で乗り込んだのですが、とんでもない激シブ
の日に当たってしまったのです。この日はサミーさんグループの他に20人近いアジング
アングラー(土日の祝島は大賑わいです)が居たそうですが、全員がなかなかヒットに恵
まれず、釣れても祝島らしからぬ15~20cmちょぼちょぼの寂しいサイズがパラパラ
という貧果のみ。
 そんな中サミーさんとRさんの二人がワームリグからビーバイブに結び変えると、それ
までが嘘のように怒濤のヒット。しかも釣れてくるサイズが祝島に通い慣れているサミー
さんをして驚くほどの良型ばかり。ほぼ尺アップばかり(祝島もレギュラーサイズは23
cm程度です)がヒットしてくるのです。そして二人はついには37~38.5cmとい
うメガサイズまでゲットして周りを大いに驚かせたのです。

 今回のクエストはココです。
 何故20数名があまり釣れない中ビーバイブにバイトが集中したのか。何故大型がヒッ
トしてきたのかです。これが理解できていないとビーバイブの本当の良さは発揮できませ
ん。またルアーフィッシングの原理原則が身についていない方は釣れないときほどワーム
リグに走ってしまいます。
 そもそも鉄板バイブの元祖であるヘドン・ソナーがそういうルアーなのです。
 ターゲットが通常の食性に至っていないとき。つまり激シブの時にこそ釣れるルアーと
してソナーは世界中で支持されてきました。例えば国内なら真冬の野池バスや川バスを釣
る際にソナーが多く使われました。つまり鉄板バイブとは、ターゲットがフィーディング
モード(お食事モード)に入っていないときにスイッチが入れられるルアーなのです。メ
バアカ1のロケでもそれは如実に見られました。メバルがあまり浮いて居らず、それまで
カブラやプラグを投じて小型メバルがポツポツという貧果な感じのスタートだったのです
が、ビーバイブでボトム狙いに切り替えるとバイト(ただし乗らないバイト)が多発。こ
の時点で鉄板バイブを使い慣れていた僕にはすぐにピンと来ていたのです。これはコイツ
ら飯を食うモードでは無いなと。なぜなら、頭突きのような乗らないバイトが連続したか
らです。活性が高い(食モード)ときは【メバアカ3新潟ロケ】の時のように一発ヒット
が連続するのですが、食い気が無いときに鉄板バイブが身近でブルブルすると魚達は食性
では無く攻撃モードで当たってくるのです。したがって口をあまり開けずに追い払うよう
なアタックをしてくるのです。で、何度も同じ場所でブルブルスーっを繰り返すと最終的
に本気で怒ってガブリというのがこの時のパターンでしたし、祝島でのサミーさん達のア
ジング釣果も恐らく似たようなモードだったのだと推測するのです。
 またビーバイブのレアな使い方に「テトラコロコロメソッド」といのがあります。
 これもメバルがオープンに出ず、ストラクチャー際やテトラ穴の中でじっとしていると
きの釣り方なのですが、最初にこの釣法に気がついたのは伊豆へ行ったときのことです。
灯り付き堤防で普通にオープンへ何度投げてもバイトが無いので、ふと試したくなったの
が幼少時代に覚えたブラクリで岩肌をコツンコツンと叩いてメバルやカサゴを穴からおび
き出して釣るやり方。沈みテトラにダイレクトにビーバイブを放り込み、斜面に当ててか
らコツンコツンとバンピングさせるとガツンとヒット。しかも尺メバルが二連発。そのご
東京湾でのボーゲーの最中にあまりにヒットが無いのでテトラ際にボートを寄せて貰い、
このコロコロメソッドを試すとこの時はエンドレスの連発。ワームリグだけでやっていた
横浜の友人二人が目をまん丸くして驚いたのでした(笑)
 ということで、皆さんもアジングもさることながら、これからのメバル初期シーズンに
備え、灯りにあまり寄らない産卵前後の藻際、ストラクチャー際の激シブ個体を、是非ビ
ーバイブで攻略して下さいな^^


LEON(加来 匠)
BLOG【Keep Casting, all for by LEON.】
http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/


───────────────────────────────────────
■ 芥河晋のアクターフィッシング劇場
───────────────────────────────────────
 ここ最近、とつぜん冷えて秋めいてきましたね。秋といえばブリーデン的にはイカの新
子が気になるところかもしれませんが、ぼくはといえばやはりスペシメンシリーズを駆使
してのタチウオがイチオシの釣りになります。今年も昨年同様にまずまずの釣果が出てい
るので時間のある限りフィールドに出向いては楽しんでいます。
 今回はこのタチウオゲームについて書こうかなとも思ったのですが、それ以上にこのあ
いだちょっと驚かされたことがあったのでそれについて書いてみたいと思います。
 このコーナーでも折に触れて書いてきたように、ぼくはここ数年ベイトタックルの開発
のためにほとんどの釣りをベイトタックルでこなしています。タチウオについても、スペ
シメンを使うときこそスピニングですが、実はロングレングスのベイトロッドを自作して
までしてベイトタックルを使っていて、これが現在のメインタックルになっていたりしま
す。そして、そうして色々と試した結果の積み重ねの中からベイトタックルのメリット・
デメリットを自分の実体験として蓄積してきました。まわりの友達にはそこまでするのか
ともいわれたりしますけど、やはり物を作る以上はこれくらいしないとぼく自身が納得で
きないですし、何はさておき、ベイトタックルについては自分自身の経験値が低いところ
からのスタートだったので、なおのこと自分自身で納得がいく水準まで徹底的に使ってい
かなければと思っていたわけです。
 こんな感じで、感覚的には年間を通してすべての釣りのほぼ全てをベイトタックルでこ
なすこと3シーズン半ほど。さすがにこれだけ使うと色々なことが自分なりに見えてきて
いるわけですけど、このあいだそれまで全く気付いていなかったベイトタックルを使うメ
リットが出てきたんです。で、それを今回話したいというわけです。
 2週間ほど前、そろそろアジの様子を見に行こうと近くのポイントを回っていたのです
が、このときは久しぶりにGRFシリーズのusemouthを手に臨んでみました。これ、いわず
と知れたアジングタックルのスタンダードですよね。
 最初に使ったのは1g前後のジグヘッドリグ。ここからスタートしたのですが釣りをする
中でアジの反応が良いのは0.5g前後ということが見えてきて、数時間この重さを軸に釣り
を展開したのですが、このときに自分的にちょっとびっくりすることがありました。
 なにに驚かされたのかというと、それはキャストです。アジングタックルとはいえ投げ
ているのは超軽量のリグです。以前はこの手の釣りではかなり素早くロッドを振り、その
勢いでリグを飛ばす感じでキャストをしていたのですが、この日は気づくと以前に比べる
と相当ゆっくりとしたスイングでキャストしていたのです。それもシングルハンドで。以
前は上から投げるときはほぼどんな時でも両手で竿を持つダブルハンドで投げていたので
すが、この日はなぜかシングルで投げていたのです。
 この変化はぼくにとっては衝撃的でした。そして、どうしてそうなったのかを自分なり
に考えてみたのですが、そこで思いついたのがベイトタックルです。現在数タイプのベイ
トタックルを常用して入るものの、その中でもずば抜けて使用頻度が高いのがベイトフィ
ネス用のプロトロッドなのです。基本的にはこれをアンダーハンドで投げつつ使うことを
想定しているのですが、当然、そのときどきの状況によっては上からフルキャストもこな
します。そして、ロッドの長さと軽さから、このフルキャストの時も、そこから少し力を
抜いて投げるときも、基本的にはシングルハンドキャストなわけです。
 振り返ってみれば、ダブルハンドで投げるのはロングロッドの時くらいで、ショートレ
ングスのベイトタックルではどんな時でもシングルハンドで投げていたようです。
 ベイトタックルで投げるときにはルアーやリグの重さでロッドを曲げ込み、そこから戻
ってこようとするロッドの弾性を最大限に使って投げるわけで、これをちゃんと行おうと
するとスイングスピードはスピニングの時よりも遅めになります。もう少し正確にいうな
ら、スピニングタックルではロッドの反発の大小にかかわらず、とりあえずスイングスピ
ードを上げるだけである程度投げることが可能なわけですが、ベイトタックルで同じよう
にするとバックラッシュ率が非常に高まってしまうんですね。だから自然とスイングスピ
ードではなくロッドを曲げてからの戻りを利用するようになるわけです。
 そして、このクセがスピニングタックルを使ったときにも自然と出てきたというのが、
このあいだのアジ釣りでの出来事なわけですが、それまであれだけ力を込めて振り切らな
いと飛んでいかなかった軽量ジグヘッドが、力を抜いたゆっくりとしたスイングで驚くほ
ど飛んでいくんです。もちろん、リラックスして投げてるので自然とコントロール性も高
まります。これは目から鱗というかなんというか、ぼくにとっては本当に劇的な変化でし
た。
 結局、この日は久しぶりにテクニカルなアジングを存分に楽しみ、そこそこの数も釣る
ことができたのですが、ぼくにとってはそうした結果以上に、キャスティングに変化が出
たことが面白かったです。軽量のリグを使う釣りでのキャスティングはやはりこの系統の
釣りにおいてはかなり大きなウェイトを占めることが多いです。軽いものを遠くで使えた
ら、それだけ釣れる確率は上がりますから。もしあなたが軽量リグのキャスティングで悩
んでいるなら、いちどベイトタックルを使ってみるのもいいかもしれません。そうすすれ
ばぼくと同じように、目から鱗の体験をできるかもしれませんヨ。


アクター(芥河 晋)
BLOG【Nutty Light Rigger Vol.2】
https://www.fimosw.com/u/akutagawa


───────────────────────────────────────
■ Field Monitor's REPORT 1
───────────────────────────────────────
初めまして、フィールドモニターをさせて頂いている、HN「ぱるます」こと村瀬です。
静岡県浜松市在住、主に浜名湖でシーバスやチヌ、遠州灘のサーフでヒラメやマゴチなど
の釣りをしています。
私はサーフでもライトゲームを楽しんでいたりするのですが・・

チョッと待ったー!! 今、興味無いからって読むのを止めようとした人はいませんか?
混雑していたり、釣り荒れているフィールドで普段釣りをしている方もいると思います。
多魚種が狙える環境にいながらも、その釣りが意識の外にある方など。
このコラムが、サーフに限らず新しい釣りを始める何らかの参考、きっかけになるかも‥
などと言ったら言い過ぎでしょうが、時間のある時にでもしばしお付き合い、是非ともお
願いします。
私がサーフの釣りを始めたのはライトゲームのおかげです。
ライトゲームは手軽に始められるものの、多様なルアーでも釣れ、奥深いゲーム性、ルア
ーフィッシングの面白さが集約されている。
私も皆さん同様その楽しさに魅了されましたが、地元は磯や外海に面した漁港、堤防など
には恵まれていません。
根魚等の釣り場は限定的で混雑しておりストレスを感じる事もしばしば・・
昔は浜名湖でも尺メバルやポン級アイナメ、ハタ類なんかも釣れたそうですが、最近は滅
多に見られ無い様です。
そんな環境の中、ブリーデンフォトダービー「魚種限定解除カップ」に刺激を受け、ライ
トタックルのサーフの釣りに挑戦する事に!
結果は勝手もわからない単独の釣行にも関わらずいきなりヒラメをあげる事ができ、サー
フの釣りにハマっていきました。
普段使っていたTR93PE Specialとメタルマル、タックルだけでなくアクション、魚のつき
場などの考え方もジャンルの違う釣りで通用した事に感動しました。

それ以来、私がサーフでメタルマル、ビースウェイ、バイスライダーを使って釣った魚は

ヒラメ、マゴチ、シタビラメ、シーバス、チヌ、アジ、サバ、ワカシ、ショゴ、メッキ、
ニベ、コトヒキ、コノシロ、イワシ、などに加えフグ、エソ、ボラ、エイ等、愛嬌ある面
々も。
あの時新しいフィールドに行ってみようと思った事で、出会う事が出来た魚達です。
タチウオやメバルなど、これからもきっと様々な魚を連れて来てくれるハズ。
ブリーデンのロッドとルアー、その魚種限定解除っぷりは、色々な釣りの世界の扉を開く
事が出来る魔法の鍵となります。
私の環境ではサーフでしたが、海水淡水を問わず普段とは違った魚を狙ってフィールド開
拓してみるのも楽しいものですよ。

ここからは、ライトゲームに限らず、サーフの釣りとメタルマルについて思う所を記して
おきます。
サーフの釣りの場合、波や風、流れが強いと着底がとれず釣る事が難しくなります。
ヒラメやマゴチを狙う場合、底を感じる事が重要になり、それから0~2m位までのレンジ
を引いてきます。
流れや波によって巻き速度も変えないといけないし、海底の深度も複雑に変化していて、
慣れないと何時の間にか浮き上がり、キチンと底付近を引けていない事も・・
そんなサーフビギナーにもおススメでフラットフィッシュに良く効くアクションがありま
す。
それは毎回底をとってのストップアンドゴー、リール3~8回転程度リトリーブ後テンショ
ンフォールで着底を繰り返す。
これは確実に底物にアピールするレンジをひけるだけでなく、メタルマル特有のアクショ
ンも引き出す事ができる必殺技なのです。
必死に泳ぎだすものの、ダメージを負っていて横向きになってしまい果ては頭を上に向け
て浮上しようと尾びれを動かしているのにゆっくり沈んでいってしまう・・・
メタルマルの動きは海底で弱った瀕死の小魚そのものでとてもリアル。
3~5回のジャーク&テンションフォールやリフトからのフリーフォールで毎回着底させる
のも効果的です。
慣れてきたら、他のルアーフィッシング同様、動きを止めない方が有効な場面もありレン
ジキープをしてのリトリーブも試した方が良いでしょう。
メタルマルは、ライズがあったりして確実に魚がいる場面では一番喰わせる力があるジグ
だと感じています。
私が74cmの座布団ヒラメをメタルマルで釣り、普段から多用してヒラメを釣るのを見て、
釣り仲間2人もメタルマルを使い始めました。
結果二人共60、70cmオーバーの大型のヒラメを揚げ、改めてヒラメ専用ジグを凌駕するそ
の威力を実感しました。

遠州灘ではこれからの季節、冬から春にかけて座布団と呼ばれる大型のヒラメが接岸しま
す。
先程少しふれたヒラメのライズを見た事がありますか?
水面を割って全身を晒す程のジャンプでベイトを食い上げるヒラメの姿は、ユーモラスで
すが目の当たりにすると興奮しますよ。
機会のある方はぜひサーフへ、メタルマルのヒラメ釣りで座布団ヒラメを釣り上げて下さ
い。

サーフのヒラメ釣りやライトゲームの他ミニマルを使ったチニング等、普段の釣りの様子
は、随時ブログにあげています。
興味のある方は、そちらもチェックして頂けたらなと思います。


ぱるます(村瀬)
BLOG【ぱるます lure fishing】
http://palmas.blog.jp/


───────────────────────────────────────
■ Field Monitor's REPORT 2
───────────────────────────────────────
始めまして!フィールドモニターをさせていただいてます!村上徹と申します!周りの方
からはムラテツって呼ばれてます(^^)
熊本の海から遠い阿蘇に住んでる!阿蘇っ子です!
よくじいちゃんとどんぐり虫を持って川に一緒に釣りにいったりじいちゃんと投網をした
りして小さいころから釣り好きでした!(^^)
車の免許を取ってからは休みは釣りばっかりいって最初は訳がわからないまま虫やエビを
つけて投げ釣りしてました。釣れるのはいつも小魚ばっかりでした。でも魚の引きやアタ
リが忘れられなくて阿蘇から天草まで寝る間を惜しんでうろうろしてました!
ある日、職場でエギングをされてる人と仲良くなりエギングに行くことに!最初はやっぱ
り形から入りたがる奴なもんで自分はネットでブリーデンの赤竿を見つけて一目惚れして
即購入!!
エギングでなかなか釣れない時間が続いたときにルアーで暇つぶしできないかと思い、ブ
リーデンのメタルマルを発見!!これを使うと魚が釣れまくる!メタルマルのおかげでル
アー釣りの楽しさを知り、ルアーマンになりました!
今では釣りバカになり船の免許取得してオフショアも楽しみだしました!
九州はほぼ回りました!!今は山口くらいまで遠征したりします!車もセダンからハイエ
ースに買い替えて釣り車になりました笑

<ブリーデンを知り釣りを追求し始めて>

ブリーデンのルアーは当日はメタルマル13g、ミニマル50があり、まずこれらの使い方を
知る事に!
凄い80spice wrとメタルマルの耐久性を!
こんなにやっても耐えきれてます( ̄O ̄;)おそろしや!!
https://youtu.be/R80BYx0R7ho
このコンビは自分の理想ですね!GOODバランスです!
メタルマルは投げて巻くだけでも初心者でもすぐ結果が出せるルアーだと思います!

<自分流の各ルアーでの釣り方>

★メタルマル
サーフでは着底からワンジャーク着底の繰り返しや着底時間を長めにしたりズル引きした
りゴロタや地形がよくわからないところでは、ジグに針をつけずに投げて地形を探ったり
して、根がかりしやすいところはカウントで着底前に跳ね上げを繰り返したりして釣りを
します!

★ミニマル
ミニマルは岩の隙間に落としたり、岩の上に置いたりして魚が釣れる瞬間をかなり見させ
てもらいました!慣れてくればチヌゲームやハタゲームで活躍しますね!根がかりもあま
りしないようにアイの方にウエイトがあるので針が直接底につかないので結構ロスするこ
とがありません!プラグで魚を釣ったときの快感はたまりませんね(^^)ワームで釣りもい
いけどミニマルでもやってみると新たな釣りジャンルが開けてくると思います(^^)

★超越
オフショア、離島、沖磯でよく使います!特にターゲットはシーラや青物
船で鳥山に突っ込んで超越を投入!これであとはエギングみたいにやったりただ巻きした
り!
ただ巻きは微振動があるみたいで効果的です!

★バイスライダー
メタルマルと同じ使い方します!(^^)
あとはシングルフックなんで根がかりも軽減!
朝まずめのアジングとかでよく使います!
シャクってテンションフォールからフリーにしたりと使い方はいろいろありますね!

★ビーバイブ
最初は苦戦しました!ただ巻きでやってたけど釣果がでないときもある!釣果を出すには
着底させて置いておく、それから跳ね上げ!着底!これで釣れますね!あとはダブルフッ
クに交換しとくと根がかりはほぼなくなりました!ただ巻きばっかりじゃなく底に置く!
これで釣果は変わります!あとはバイブを竿で感じないくらいにゆっくり巻く!

★ビースウェイ
案外飛距離でますね!コアマンIP(鉄板バイブ)とか使ったりしてたけど、ビースウェイで
十分ですね!
重さのバリエーションに今後期待ですp(^_^)q
シーバスやハタとかに効果的ですね!!
イワシが入っているポイントとかなら使うべきですね!!カマスにかなり効果的です(^-^
)
自分はリフトアンドフォールだったり竿を立ててリトリーブ二周で竿先をチョンの繰り返
しで釣果を出しますね!早まきもありですね!ナブラに落とし込みでも釣果でます!ベイ
トサイズがビースウェイと一緒なら使ってみても良いとおもいます!あとはテールにシン
グルフックをつけたりしていろいろ考えてやってます!

★ワーム(BACHI/NEJINEJI/13-Roach)
アジングメバリングバッチリです!
あとはバチを少しちぎって短くしたり、ネジネジのテールのみにしたりしてます(これが
案外釣れますね!)

★エギマル
発泡ウレタンがいいんでしょうね!
フォールが安定してます!安いエギとかは当たり外れあるけどブリーデンのエギは間違い
ないです!これはエギングに欠かせないですね!

でもやっぱりメタルマルがほぼメイン!!!
今からは青物の時期ですね!持っておくべき絶対オススメルアーです!!ボウズのがれで
きますね笑

あとは釣りもですが、やっぱりアパレルもかなり愛用してます!!
★通気性もいいし肌触りもいいTシャツ!
★おしゃれなフェイクラバーブーツ!個性的なカラーがたくさん♪( ´▽`)
★今は欠かせないイーベント素材のウェアや帽子
日常生活にもブリーデンのものを取り入れてます(^^)
友達にもイーベントの帽子やブーツや長靴を教えたら、釣り人じゃない人たちも釣り人み
たいにブリーデングッズを買ったりしてます笑

やっぱり自分の釣りスタイルがブリーデンの釣りにマッチしてました(^^)
これから釣りにおしゃれに満喫していきたいですp(^_^)q


ムラテツ(村上徹)
BLOG【釣り中毒 青物を求めて be muratetu 熊本の阿蘇から ブリーデンLOVE】
http://muratetu.blog.fc2.com/


───────────────────────────────────────
■ Field Monitor's REPORT 3
───────────────────────────────────────
ブリーデンメルマガをお読みの皆さま、初めまして!
フィールドモニターをさせて頂いております紅一点w福岡県在住の田中もきぎと申します

メインフィールドは山口県、福岡県、佐賀県、長崎県の北部九州をウロウロしております
。特に長崎県はアオリイカも年中狙えて魚影も濃いので良く通っています。

「SPECIMEN86tiptopを使って狙えるものは何でも狙う」のが私の釣りのスタイルです。
私の釣りのスタイルができたきっかけはメタルマルとの出会いでした。メタルマルで釣り
上げたのはアジ~マグロまで…数知れず…。

正に魚種限定解除。この出会いは私の釣り人生を一変させました。
”ジャークで誘い、フォールで食わす”メタルジグ的要素と、”巻いて魅せて食わす”巻
物プラグのような要素兼ね備えたメタルマル。
私はそれだけでなくワームのような要素もあると思っています。
メタルマルでのボトムネチネチはボトムバンビングやボトムずる引き、ボトムステイ…な
ど、かなり危険なアクションですが良くやっています。私のメタルマルでのハタゲームに
は必須のアクションです。
またメタルマルでボトムを攻める釣りを始めたことで私自身の根掛かり回避能力も上がり
ました。SPECIMEN86tiptopの感度は素晴らしく、カツカツとした金属的な高感度はどこの
メーカーのロッドでも体感できますが、「これは藻だ。」「これは岩だ。」「あ、後ろに
着いた」などそれが何であるか潮の状況やイカ・魚の気配すら的確に伝わってくるおかげ
で根掛かりも格段に減りました。
他のルアーのロストも格段に減ります。ロストしてゴミを増やすのを防げますし、心のダ
メージも減り、何よりお財布にも優しいですよね(笑)

最近は超越120を使ったハタゲームを熱心にしています。

エギにバイトしてくるハタと思われる生物を何としても獲りたい!というのがきっかけで
目を付けたのが超越120でした。思惑通りハタへのアピールは素晴らしく獲れるサイズは
全て尺オーバーという凄まじい結果がでました。
アクションはエギングとほぼ変わらず、キャスト後ボトムを取って2・3度しゃくってボト
ムまでフォールさせます。活性によっては跳ね上げたり、中層トゥイッチなど変化をつけ
たりします。
超越のそのアピール力の大きさのせいかショートバイトはほとんどなくロッドを持って行
かれそうなバイトばかりで、丸飲み状態のアコウが釣れたりしました。
重さの割に体積があるため、飛距離はさほどではありませんが発砲ウレタンという材質上
、潮なじみも良く浮力もあるのでドリフトさせることができますので広範囲を探るのも難
しくありません。また浮力のおかげで根掛かりがすごく少ないです。
しかし欠点もあります。大きいのしか釣れないことです(笑)
まだまだ伸びしろの多い超越でのハタゲーム…今後も突き詰めていきます。

メタルマルや超越など大きめハードルアーを好んで使っている私ですが、女であるため非
力ですので(笑)タックルもライトではありません。
ロッドは上記の通りSPECIMEN86tiptop
リール:シマノ3000番のローギア
ライン:PE0.8号~1.2号 リーダー2.5号~3号
特にラインには気をつかっています。ハタゲームでは根にスタックされるのを回避しよう
とゴリ巻きすることが多いと思います。ですが私は無理をせずわざとスタックさせます。
ロッドはあくまでエギングロッドなので良く曲がります。ボトムをネチネチする私には尺
オーバーのハタの突っ込みには勝てないことが多いのです。
細糸を使用しているとゴリ巻き中にスタックされるとラインが根に擦れてしまいブレイク
の原因になります。太い糸を使うことで多少の擦れにも耐えられますし、わざとスタック
させることでラインに強く根が当たるのを防ぎます。ハタは必ず根から出てきますので辛
抱強く待ち、出てきたところを巻く。無理せずに大きなサイズを獲ることができます。

今後の私の釣りに対する姿勢として、極力ロストを減らすことで釣りゴミを増やさず、今
のような釣りができる環境を自分の子供のそのまた子供にも繋げていけるようにしていき
たいと思っています。
そして、今ハタゲームがとても流行っています。アコウやクエを放流しているところも増
えました。しかし根魚は抜いた分だけいなくなり、そのポイントは潰れていきます。山口
県では30cm以下のアコウはリリースを呼びかけています。大きいのを頑張って釣って、
30cm以下の小さいのはリリースできる余裕のある釣りをしていきたいなぁ~と思ってい
ます。


田中もきぎ


───────────────────────────────────────
■ お知らせ
───────────────────────────────────────
★ 魚種限定解除CUP2016秋 開催
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『魚種限定解除CUP2016秋』がスタートして1ヶ月が経過しました。
今回も沢山のエントリーが届いております。有難うございます。
期間:2016年9月13日~2016年11月12日(2ヶ月間)

ブリーデンの全ルアー&エギでの釣果を対象としていますので、どなたでもご参加いただ
けます。

豪華賞品(ロッド)をゲットできるチャンス!このチャンスをお見逃しなく。


http://breaden.blog.fc2.com/blog-entry-418.html


───────────────────────────────────────
■ 新製品紹介
───────────────────────────────────────
★ Metalmaru新色
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Metalmaruに新色が追加になりました。

http://breaden.net/lure/metalmaru.html#2016NEW


★ ホームページ、SNS、アプリの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリーデンでは、ホームページ、twitter、facebookで情報発信しています。
製品情報は、ホームページへ。
ブリーデンの今を知りたければ、twitter、facebookへ。
こちらでは気になる「出荷情報やイベント情報、釣果ニュース」がポロッと登場するこ
も。

twitterのフォロー、facebookの「いいね」よろしくお願い致します。

ホームページ : http://breaden.net/
Twitter : http://twitter.com/#!/breaden13
facebookページ : http://www.facebook.com/BREADEN.13

また、スマートフォン用アプリはこちらからダウンロードできます。
iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/breaden/id530487727?mt=8
Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.duoapps.android.breaden


★ BREADEN OUTFISHING SHOP
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規会員登録で、すぐにお使いいただける500ptをプレゼント!!

「ブリーデン製品を購入したいが、近くに販売店が見つからない。」
「欲しい商品が店頭で見つからない」

そんな声を多くお聞きしますので、よりスムーズにご購入いただくため、オンラインショ
ップをオープンしました。

ウエアやフットギアを中心とした取扱いとなっております。(ロッドやルアーなどのフィ
ッシングタックルは対象外です)

お買いものはこちらからどうぞ。

BREADEN OUTFISHING SHOP
http://shop.breaden.net/


------------------------------------------------------------------------------
◆その他ブリーデンからのお願いと注意事項
------------------------------------------------------------------------------
1)ロッド保証書登録について
ロッドに付属してある保証書の片側は、保証書登録カードになっております。
ご購入後は速やかに保証書登録をお願い致します。
保証書に記載しておりますように、登録を行なっていない場合は保証書が
使用できない場合もございます。
また、ご購入店様、ご購入日の記載が無い保証書も使用になれませんので、ご注意くださ
い。

2)ロッド水洗いの注意点
ロッド使用後は水洗いにて、塩分・汚れ等を落としてください。
その際、ブランクス内部に水が入らないようにご注意ください。
(ティップ側を上下逆さまにして上から水を掛けたり、お風呂の中にまるごと浸けたりす
るとブランクス内部に水が入ってしまいます)
ティップ側のロッド内部に水が入った場合は、シャクリ時やキャスト時の負荷がかかるタ
イミングでギッ、ギッといった異音が発生します。
(特にエギングロッドにおいて顕著です)

ティップ側に一度入ってしまった水は簡単には除去できなくなり、
有償修理となりますのでご注意ください。




※本メルマガ「BREADEN TIMES」は写真等を沢山含んだメールマガジンとなっております。
写真および画像はHTML版でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの退会はこちらから:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=breaden13

Copyright (C)2016 BREADEN. All Rights Reserved.
Making by Breaden co.,ltd (http://breaden.net/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━